低温殺菌牛乳は何が違う?美味しい牛乳「ASO MILK」がおすすめ

低温殺菌牛乳と一般的な牛乳の違いを知っていますか?

低温殺菌牛乳は、あの牛乳特有のツンとした匂いがなく飲みやすい味になっています。

なので、牛乳が苦手な人にも飲みやすくておすすめ。

さらに、こだわって作られた阿蘇牧場のASO MILKなら牛乳嫌いを克服できるかも。

「新鮮で美味しい牛乳が飲みたい」

「牛乳嫌いを克服したい(子供の牛乳嫌いを克服させたい)」

そんな人にぜひ一度飲んで欲しい美味しい牛乳を紹介します。

スポンサーリンク

通販で買える本当に美味しい牛乳「ASO MILK」

給食に出てくる牛乳ほど苦痛なものはなかったです。

そんな牛乳嫌いを克服したのが、ASO MILKとの出会い。

騙されたと思って飲んでみて、と言われ初めて飲んだ時は衝撃的。

ツンとした臭みが全くなく、「え、牛乳ってこんなに美味しかったの?」とびっくりでした。

熊本県の阿部牧場で作られているASO MILKは、20年以上牛乳を飲んで来なかった私が大好きになった牛乳。

初めて飲んだ一口目の美味しさは、忘れられません。

阿蘇ミルクの特徴は、

  • 低温殺菌製法
  • 臭みが全くない
  • 口当たりまろやか
  • 後味はすっきり
  • ごくごく飲める

こんな感じ。

自然な甘みとすっきりな後味で、牛乳嫌いなはずの私がごくごくと一気に1本飲んじゃうくらいの美味しさでした。

牛乳が好きな人にはもちろん、嫌いな人にも飲んで欲しい本当に美味しい牛乳です。

スポンサーリンク

ASO MILK(阿蘇ミルク)の美味しさの理由

ASO MILKの美味しさの秘密は、新鮮な搾りたてをすぐに低温殺菌して作られているから。

ASO MILKを作っている阿部牧場はきれいな空気と清らかな湧き水に恵まれた大自然の中にあります。

また飼育の仕方だけでなく与えるエサの作り方などにもこだわっておられます。

そんな恵まれた環境で育った牛から出来た牛乳、ASO MILKだからこそ他とは違う美味しさが生まれるのでしょう。

低温殺菌牛乳と普通の牛乳の違い

ASO MILKは低温殺菌という製法で作られた牛乳です。

対して、一般的にスーパーで売られている牛乳は、超高温殺菌されたものがほとんど。

120〜130度の音でで2〜3秒加熱殺菌する製法です。

ちょうど冷蔵庫にあった牛乳を見てみても、この「超高温殺菌」でした。

超高温殺菌処理された牛乳は、あの特有のツーンとした臭いがあります。

これは、高温で一気に加熱した時にできるたんぱく質の焦げが原因。

この臭いが嫌いな理由の人も多いはずです。

でも低温殺菌されたASO MILKにはそんなツンとした臭いは全くありません。

低温殺菌は、63〜65度くらいの温度で30分程度かけて殺菌される製法。

ASO MILKには、しっかり「63℃30分間」と書かれています。

じっくりと時間をかけて殺菌するため、たんぱく質の焦げが発生せずツンとした臭いがありません。

そのため低温殺菌牛乳は一般的な牛乳と比べて飲みやすくなっています。

牛乳嫌いを克服したいという人は、低温殺菌牛乳を飲んでみるのもおすすめ。

スポンサーリンク

阿蘇牧場の製品情報

今回紹介した美味しい牛乳、ASO MILKを販売している阿蘇牧場は牛乳以外にも乳製品の販売をされています。

優しい味に出来たのむヨーグルトは子供にも人気です。
高いけど、納得できる美味しさと質で買う価値は大いにありだと思います。

低温殺菌牛乳「ASO MILK」で牛乳が好きになるかも

未だに超高温殺菌された牛乳は、苦手で飲めない私。

たまにASO MILK をお取り寄せして美味しい牛乳を楽しんでいます。

臭みがなく、自然な甘さと後口すっきりな阿部牧場のASO MILK

牛乳嫌いを克服したい人には、ぜひ試してみてほしい牛乳です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.