コンビニ食ばかりで太りやすくなる理由とは?

「最近、忙しくてコンビニの食事に頼り気味。」
という人は、太りやすい体質になってしまうかも。

いつでも利用できて、お弁当からスイーツまで勢揃いなコンビニ。
便利だし、美味しい、とついつい利用しがちになる事も多いと思います。

でもコンビニの食事ばかりを続けていると、太りやすくなる可能性も。

その理由は、2つ。

・保存料や添加物が多く含まれていること
・高カロリー・高脂質のものが多いこと

太りやすい体質になりたくない人は、まずはコンビニ食を減らすことから始めてみてはいかがでしょうか?
この記事では、私がコンビニ食を食べない理由を紹介します。

スポンサーリンク

コンビニ食品で太る原因とは?

その理由は、

  • 高カロリー
  • 高脂質
  • 添加物

な商品が多いからです。

コンビニ弁当や惣菜のカロリーに注意

コンビニに売られている弁当やパンは、食感や風味をよくするためにたっぷりの油が使われるため高カロリー・高脂質になりがちです。

同じ料理を食べる時でも、コンビニ食品は家で作るよりも高カロリーになってしまいます。

その結果、摂取カロリーが増えることで太る原因に。

またよく使われている植物油・マーガリンなどの油は、腸内環境を乱したり健康にも悪影響を及ぼします。

スポンサーリンク

コンビニのパンは体に悪い

手軽に買えて食べれるコンビニのパンは、添加物がたっぷり。

そして高脂質・高カロリー。

コンビニのパンが賞味期限が長いのは保存料がたっぷり入っている証拠です。

他にもマーガリンやショートニングなど
体に良くないと言われている材料がほぼ100%
使われています。

コンビニ食品に使われる添加物・保存料が太る原因

例えば、コンビニのおにぎり。

一見太りそうには思わないおにぎりも、コンビニのものになると別。

保存料などの添加物がたくさん使われています。

一度、コンビニでおにぎりの原材料を見てみてください
使われている原材料の多さにびっくりするはず。

(本来なら、おにぎりは米・具材・のり・塩の4つのみから出来ているはず)

パスタ・揚げ物・弁当となると、さらに添加物の量も増加します。

添加物が太る原因になる理由は、

  1. 腸内環境を悪く。
  2. 食欲を増加させる。
  3. 攻撃的になる。
  4. 血糖値の急上昇。

(他にも、発がん性・悪玉コレステロールの増加なども。)

加工食品ばかり食べていると、満腹中枢や食欲のコントロール力が乱れ暴飲暴食につながります。

詳しくは、こちらの記事に書いているのでチェックしてみてね。

▶︎添加物が太る理由とは?腸内環境の乱れが原因。

スポンサーリンク

私がコンビニ食品は食べない理由

私は、健康的なライフスタイルを意識する上でコンビニに売っているもので食事を済ますことはしていません。
コンビニ食品に頼りがちな食生活は、太る原因・太りやすい体質になりやすいだけでなく体への悪影響もあるからです。

その理由こそが、添加物が多く含まれているから。

自分で作った方が何倍も美味しく体にとっていいと思っています。
(料理が上手いとかじゃなくて、原材料の問題ね…笑)

コンビニ食品を減らして太りにくい体質に。

いつでも利用できて便利なコンビニ。
手軽に食事を済ませたい時にはついつい利用しがちな人も多いと思います。

でも便利な反面、健康面にはデメリットがあることを忘れてはいけません。

なるべくコンビニ食品を減らし、自炊を心がけることが太りにくい体質を作る成功のコツ。

コンビニ食品は、基本的に添加物がたっぷりで高脂質・高カロリー・高糖質なものが多いということを覚えておいてください。

健康的に痩せたいならば、まずはコンビニ食品を減らす。

ここから始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事:健康的に痩せる9つの生活習慣

関連記事:添加物が太る理由とは?腸内環境の乱れが原因。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.