痩せている人は、卵を食べている。

最近Instagramで、海外モデルや栄養士さんの投稿を見るのがマイブーム。

自宅での筋トレ方法や、食事内容がとても参考になります。

そこで気づいたのが、

痩せている人・きれいな人は卵をよく食べている。

ということ。

経済的で栄養価の高い食べ物といえば、卵。

痩せたい人、きれいになりたい人、アンチエイジングしたい人。

ぜひ卵を積極的に食べましょう。

卵を食べてきれいに痩せる。

卵1つには、たんぱく質が約7g。

他にも人間の体内で作ることのできない必須アミノ酸をバランスよく含んでいます。

そして糖質はほぼゼロ。

卵ってスーパーフードです。

昔は1日1個までと言われていたけれど、現在の研究では2〜3個食べても問題ないと言われています。

スポンサーリンク

卵が体にいい理由

じゃあ、卵ってどう体にいいの?ってところ。

ざっとまとめてみたら、こんな感じ。

  • コレステロール値の正常化
  • ビタミン、ミネラル、抗酸化物質が豊富
  • 体脂肪を減らすのに効果的
  • たんぱく質がとれる
  • 必須アミノ酸がとれる
  • ダイエットに効果的
  • アンチエイジング効果抜群

ダイエットに効果的な卵の食べ方

ダイエット中には、卵を積極的に食べるのがおすすめです。

おすすめの食べ方は、

  • 朝食のパンを卵に置き換えて、糖質を減らしてたんぱく質を補給。
  • 間食に甘いものをやめて、ゆで卵を食べる。

この2つは、ダイエットに効果的。

きれいに痩せるために必要なのは、糖質ではなくたんぱく質。

普段、丼もの・パスタなど麺類の単品で食事をすませがちな人は、卵をプラスする。

甘いものをよく食べる人は、卵に置き換える。

これだけでも、かなりダイエットに効果的。

しかも、筋肉を落とさずきれいに痩せることができます。

私がよくするのが、夜に外食の予定がある時はランチはゆで卵のみにする。

固ゆで卵を2個食べれば、お腹が結構膨れます。

物足りない時は、チーズナッツを追加して食べたりも。

外食のときは、美味しいもの食べたいものをを思いっきり楽しみたい。

ならば前後で調節が大切です。

そんな時にも、卵が大活躍してくれます。

スポンサーリンク

卵を1日2〜3個食べてたんぱく質補給。

きれいに痩せるためには、たんぱく質は欠かせません。

筋肉のもと、健康的な肌・髪の毛の材料になるたんぱく質が不足してしまうのは避けたいところ。

そんな時に、卵がおすすめ。

1日2〜3個の卵を食べるようにしておけば、不足しがちなたんぱく質を補うことができます。

(もちろん、肉や魚など他の食材からもたんぱく質を摂ることが大切です。)

私の場合は、朝食にパンと目玉焼き。

お弁当を持って行く時は、卵2個分の玉子焼きをつめていきます。

卵は経済的、和洋どちらの食べ方もできるので飽きずに毎日食べられます。

仮に1日に卵を3つ食べれば、それだけで約20gのたんぱく質がとれます。

日本の若い女性はたんぱく質不足な人が多いと言われています。

ぜひ毎日の食事に卵をプラスして、たんぱく質不足を補ってあげましょう。

卵を食べてアンチエイジング

卵はダイエットだけじゃなくて、アンチエイジングにも効果抜群。

ある調査では、卵を食べたグループと食べないグループを比較した結果、食べたグループの方が

  • 体内の炎症レベルが下がった。
  • 体内の炎症物質そのものが減った。

という結果になったんだとか。

(参考にさせていただいているサイト:https://yuchrszk.blogspot.com/2016/05/blog-post_23.html

痩せやすくなるだけじゃなくて、アンチエイジング効果もあるなんて。

どんどん卵を食べるべき理由が増えていきます(笑)

スポンサーリンク

卵料理が美味しくなる調味料

そんなわけで、毎日卵を食べてるわたしがおすすめしたい、卵に合わせる調味料。

使えば、卵料理が美味しく仕上がります。

トリュフ塩

これは、本当おすすめ。目玉焼きにパラっとかけるだけで、ちょっとリッチな味に。

最後に仕上げとして使うのがおすすめ。

韓国のり

玉子焼きを作るときに、韓国のりを巻くのが美味しい。

ごま油の風味と香りが美味しい。ある程度塩分もあるから、塩はいつもより控えめに。

ブルーチーズ

オムレツを作るときに、ブルーチーズを一緒に入れれば立派なワインのおつまみに。

塩分はしっかりあるから、味付けは他に不要。

ツナ缶

卵2個で作った玉子焼きにツナを混ぜ込めば、たんぱく質20gが摂れる。

たんぱく質が不足しがちなダイエット中にもおすすめ。

腹持ちも抜群だから、わたしはよく食べています。

ちなみにツナはノンオイルが基本。

めんつゆ

ゆで卵を作って、つけておくだけの簡単レシピに大活躍な麺つゆ。

化学調味料、保存料などが無添加のものを選びます。

一気に4〜5個作っておけば、ちょっと物足りないときの一品にも使えておすすめ。

ダイエットにも美容にも卵。

卵は、ダイエットにも美容にも、そして健康にもいい食材。

食べ方がたくさんあり飽きない、経済的なので毎日食べられるのも卵の魅力。

痩せている人、きれいな人は毎日卵を食べています。

きれいに痩せたいと思う人は、朝食に卵を1つ追加したり、ランチにゆで卵を食べるところから始めてみるのがいいと思います。

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.