きれいな人が食べているもの

スポンサーリンク



きれいな人がよく食べているもの、それが卵。

最近海外のモデルさんのInstagramをチェックするのがブームなわたし。

筋トレ動画や食事内容を、参考にするために見ていて気がついた。

「きれいな人は卵をよく食べている。」

ということ。

卵はキレイになるスーパーフード

最近は国内モデルよりも、海外モデルさんに魅力を感じる。

というのも、

  • 日本の女性モデルは痩せすぎが多い。
  • 海外モデルの方が健康的で筋肉があるスタイル。
  • お尻が見とれるくらいキレイ。

だと思うから。

海外モデルさんが投稿している食事を見ていると、よく卵を食べている。

もちろん卵だけで美しい体型になれるわけではないけど。

卵は、積極的に食べたいスーパーフード。

スポンサーリンク

卵を1日2〜3個食べるのがおすすめ

わたしもほぼ毎日、卵食べてます。

お弁当を持って行くときは、野菜+卵2個(ゆで卵or玉子焼き)が基本。

それにナッツやチーズも足してみたり。

ってな感じで、平均1日2個の卵を食べている感じ。

卵って、栄養価が高くて経済的な素晴らしい食べ物。

そう、まさにスーパーフード。

卵が体にいい理由

じゃあ、卵ってどう体にいいの?ってところ。

ざっとまとめてみたら、こんな感じ。

  • コレステロール値の正常化
  • ビタミン、ミネラル、抗酸化物質が豊富
  • 体脂肪を減らすのに効果的
  • たんぱく質がとれる
  • 必須アミノ酸がとれる
  • ダイエットに効果的
  • アンチエイジング効果抜群

食べない理由が見つからない。

卵を食べてダイエット

ダイエット中、体を引き締めたい、そんなときにも卵はおすすめ。

・朝食のパンを卵に置き換えて、糖質を減らしてたんぱく質を補給。

・間食に甘いものをやめて、ゆで卵を食べる。

こんな感じで、毎日の食事に卵を積極的に取り入れることで、体重減少や筋肉をつけ体脂肪を減らすのに効果的。

わたしは、食べすぎが続いて体が重たく感じたり、がっつりディナーの予定がある時は朝食やランチをゆで卵に置き換え。

お腹も膨れるし、何より美味しい。(卵大好き。)

調理法も、ゆで卵・玉子焼き・スクランブルエッグなど色々あるのも卵の魅力。

オムレツにして、具材を変えれば毎日でも飽きずに美味しく食べれるしね。

卵を食べてアンチエイジング

卵はダイエットだけじゃなくて、アンチエイジングにも効果抜群。

ある調査では、卵を食べたグループと食べないグループを比較した結果、食べたグループの方が

  • 体内の炎症レベルが下がった。
  • 体内の炎症物質そのものが減った。

という結果になったんだとか。

(参考にさせていただいているサイト:https://yuchrszk.blogspot.com/2016/05/blog-post_23.html

痩せやすくなるだけじゃなくて、アンチエイジング効果もあるなんて。

キレイになりたい女性は、食べるべきスーパーフードに間違いなし。

卵が美味しくなる調味料

そんなわけで、毎日卵を食べてるわたしがおすすめしたい調味料。

使えば、さらに卵料理が美味しく仕上がります。

トリュフ塩

これは、本当おすすめ。目玉焼きにパラっとかけるだけで、ちょっとリッチな味に。

最後に仕上げとして使うのがおすすめ。

スポンサーリンク

韓国のり

玉子焼きを作るときに、韓国のりを巻くのが美味しい。

ごま油の風味と香りが美味しい。ある程度塩分もあるから、塩はいつもより控えめに。

ブルーチーズ

オムレツを作るときに、ブルーチーズを一緒に入れれば立派なワインのおつまみに。

塩分はしっかりあるから、味付けは他に不要。

ツナ缶

卵2個で作った玉子焼きにツナを混ぜ込めば、たんぱく質20gが摂れる。

たんぱく質が不足しがちなダイエット中にもおすすめ。

腹持ちも抜群だから、わたしはよく食べています。

ちなみにツナはノンオイルが基本。

めんつゆ

ゆで卵を作って、つけておくだけの簡単レシピに大活躍な麺つゆ。

化学調味料、保存料などが無添加のものを選びます。

一気に4〜5個作っておけば、ちょっと物足りないときの一品にも使えておすすめ。

 

こんな感じで、キレイな人が食べているスーパーフードな卵は食べ方色々。

経済的で手軽に食べられる卵は、栄養満点でダイエット・美容・健康全てにおいておすすめ。

 

sponsored link