美意識が高いアラサー女子の1日

スポンサーリンク



「美は1日にしてならず」というのは、まさにその通り。

毎日コツコツと小さな努力を積み重ねることで、結果は必ず出てくる。

この記事では、美意識を高くもつ私が1日で気をつけていることを紹介します。

美意識が高い女子の1日はこんな感じ。

日頃から気をつけていること、毎日している習慣って書き出してみると結構あったり。

簡単に出来ることがたくさんなので、参考にしてみてね。

寝起きは常温の水を飲む。

朝起きて一番に口にするのは、常温の水。400mlくらいを一気飲み。

その理由は、

  • 寝ている間に失われた水分を補うため。
  • 便秘解消のため

寝起きにしっかりと水分補給するのはとっても大切。

起きて速攻、ジュースやコーヒーを飲む人はまず水を飲んでからにしてみて。

私は、水をたっぷり飲んでからブラックコーヒーを飲むのが習慣です。

スポンサーリンク

日光を浴びて、軽いストレッチ。

お水を飲んだら、カーテンをあけて太陽の光を浴びる。

そのあとは、寝ている間に凝り固まった体をほぐすためにストレッチ。

5〜10分程度でも、やるとやらないじゃ全然違います。

大きく伸びをするだけでも、リフレッシュできてシャキッと1日をスタート。

ストレッチのやり方は、気分や体調に合わせてヨガの太陽礼拝をしたり、柔軟体操をしたり。

起き上がる前にベッドで、足と手を上げて軽く揺らすのもおすすめ。体の中心へ血流が流れて朝のむくみ解消に効果的です。

排泄を済ませてからしか食べない。

人間の体は朝が排泄モード。その時間に何かを食べてしまうと排便の邪魔をしてしまいスムーズにお通じが来ないことも。

そのため私は、毎朝お通じがあってからしか何も食べないように心がけています。

すっきりしてからの方が、お腹も減って美味しく食事がいただけます。

▶︎【朝1杯の水が便秘に効く】健康オタクの習慣

朝食は気分や体調に合わせて食べる

「朝ごはんは必ず食べた方がいい」って意見もあるけど私は反対派。

お腹が減っていれば食べるし、ランチの予定がある時やお腹が減っていない時は無理には食べない。

自分の体調と相談しながら食べるか食べないかを決めるのが一番。

(もちろん1つ前に書いたようにお通じがないと、食べません。)

ちなみに朝食を食べる時のメニューはこんな感じ。

  • フルーツ
  • ヨーグルト(無糖のもの)
  • パン(ハード系・全粒粉のもの)
  • 目玉焼き
  • ナッツ(無塩・無油のもの)

お腹の減り具合に合わせてフルーツだけのときもあれば、がっつりと食べるときも。

食欲はいつも旺盛なので、食べたい時は朝からお肉を食べる時も。(笑)

大切なのは、本当に食べたい時だけ食べること。

無理に詰め込むようにして食べるのは、いくら体にいいものでもよくありません。

▶︎【ロカボナッツでダイエット】朝食に置き換えるのがおすすめ

▶︎朝食抜きダイエットでお腹から痩せる。

▶︎【腹持ちのいい朝ごはん】アボカドと卵がおすすめ

14時間のプチ断食を毎日実践

前日の食事からは、必ず食間を12〜14時間以上あけるのがマイルール。

これは、内臓を休ませるためとお通じをよくするため。

毎日、食べない時間をしっかり作ることって便秘にかなり効果的。

脂肪燃焼には、18時間あける断続的ファスティングが理想です。が、結構ハードル高めなので私は12〜14時間。

(女性の場合は、14時間でも十分効果があるようです。)

断続的ファスティングについては、この本がおすすめ

 

1日で2リットルの水を飲む

水分補給はこまめにするのが大切。1日のトータル水分摂取量はだいたい1.5L〜2.0Lが基本。

水は胃腸を冷やさないためにも夏でも常温が基本。

飲むタイミングも大切。喉がカラカラになってから飲むではなく、乾きを感じる前に水分補給。

なので、外出先でもお気に入りのタンブラーに水を入れて持ち歩いています。

水分補給をしっかりすることで、むくみ解消・便秘改善・肌荒れ防止などに効果があります。

ジュースなど糖分を含むものやコーヒーなどは水分補給にはならないので注意。

ながらトレーニングで、インナーマッスルを意識

  • 常にお腹を引っ込めて力を入れて歩く。
  • 椅子に座る時は、背もたれを使わない。

外出中はこの2つを意識。ジム通いや、厳しい食事制限が苦手なので「ながらトレーニング」的な感じ。

電車に乗っている時、歩いている時は常にお腹に力を入れて引っ込めた状態をキープ。

食事中やカフェなどでも背もたれを使わずに背筋をまっすぐに保つ。

これだけでも、想像以上にインナーマッスルは鍛えられます。

インナーマッスルをしっかり鍛えておけば、代謝がよくなって痩せやすく太りにくい体質に。

また姿勢が悪いのは、猫背になって見た目の印象も悪くなりがち。

いつでもどこでも見られているという意識を持って、姿勢をよくキープするのを心がけています。

スクワットだけは毎日する。

ウォーキングとか筋トレを毎日予定通りにこなすのは苦手な性格の私。

そんな私でもスクワットだけは、必ず毎日。

回数やフォームは、色々だけど最低30回×2セットはするようにしています。

3〜4ヶ月サボらず続けたら、垂れていたヒップラインが上がりました。

少し時間はかかるけど、絶対に成果はでると分かった今は以前よりもスクワットをするのが好きに。

目に見える結果が出れば、やる気もモチベーションもアップします。

毎日続けるコツは、思い立ったらすぐ!

一度、後回しにしてしまうとサボりぐせがついちゃうので、スクワットしなきゃ〜って頭によぎった瞬間に必ずするようにしてます。

「トイレに行くごとに10回」「歯ブラシ中にする」など、ルールを決めておくのもおすすめ。

スポンサーリンク

食べるものは、しっかりこだわる。

食への熱意がすごい私だからこそ、食事制限は無理。

でも、食べたものから自分の体が作られているということは常に意識。

  • 砂糖を摂りすぎない
  • たんぱく質をしっかり摂る
  • 加工食品は避ける

などなど、気をつけいていることは結構あり。

あとは食べ過ぎないように、いつでも腹八分目を心がけながら食事をするのも大切。

腹八分目ダイエットは、健康にもいい

【ダイエット中のパン食べ放題】正しい食べ方・選び方

太りやすくなったと感じたら食生活の改善をしてみよう。

詳しい食事に関してのこだわりについては、別記事で紹介します。

週に1度の岩盤浴

リフレッシュと美肌のためにおすすめなのが、岩盤浴。

体も心もスッキリするだけでなく、岩盤浴を定期的にするようになってから肌の調子がよくなりました。

岩盤浴に行った翌日は、確実に化粧のノリがよくなるのを実感。

ここで大切なのは、岩盤浴後の保湿。汗が大量に出て肌が乾燥している状態なのでオイルやクリームなどでいつもより念入りに保湿。

私は、ココナッツオイルやベビーオイルなどオイル系が好み。

濡れた状態の肌にオイルを馴染ませて軽く水分を拭き取れば、全身もっちりしっとりした肌になります。

寝る4時間前からは何も食べない

これは絶対に守っている習慣の1つ。基本的に夕食は早めに済まし、寝るまでに時間をとるようしています。

食べてすぐ横になったり、お腹いっぱいの状態で寝ると睡眠の質が悪くなったり、消化不良を起こすことも。

夕食は、「早めに・軽めに」を心がけておくのがおすすめです。

寝る4時間前から食べないルールを作っておけば、夜食に手を伸ばしておくのも防げます(笑)

寝る前は、ストレッチとコップ1杯の水で1日を締める。

1日の終わりは、軽い柔軟体操と水分補給。

寝ている間に大量の水分が失われてしまうので、補うためにも寝る前には必ずコップ1杯の水。

柔軟体操は、その日の体の疲れやコリ、むくみを解消するために。

あまり激しい運動や筋トレは、かえって寝つきが悪くなるので避けておくべき。

あくまでも、ゆっくりと軽めのストレッチで1日を締めくくりましょう。

美は1日にして成らず。

こんな感じで、寝起きの水で始まり寝る前の水で1日が終わる私の美容のための習慣。

ひとつひとつは簡単なことだけど、毎日続けるのは最初は少し大変かも?

でもコツコツと続けていけば必ず成果は出るので、参考にしてみてね。

 

sponsored link