きれいな肌になる方法は、食生活。

スポンサーリンク










・吹き出物がよくできる

・肌がくすんでいる・ハリ・ツヤがない

そんなお悩みをお持ちの方へ、肌がきれいになるための方法を紹介します。

 

美容・健康オタクなわたしが、唯一自信をもって言えるのが「肌がきれい」なところ。

嬉しいことに、「きれいな肌だね」と褒めてもらえることがよくあります。

でも、特別高い化粧品を使っているわけではありません。エステに通い詰めているわけでもありません。

きれいな肌の秘訣は、食生活。これが一番重要です。

完全持論にはなりますが、肌がきれいになる方法はお金もかけずに出来ることばかり。

この記事では、わたしが日頃気をつけいている「肌がきれいになるための食生活」について紹介します。

スポンサーリンク

簡単に肌がきれいになる方法とは?

高い基礎化粧品よりも、食べるものが美肌をつくる

わたしはそう考えています。

なので、高い美容液やパックなどは使いません。

ビタミン剤などのサプリメントにも頼らない。

唯一気をつけているのは、食事。たったそれだけ。

外側よりも内側からのケアの方が、美肌に効果的だと感じています。

肌がきれいになるための食生活

ではどんな風に、毎日の食生活に気をつけているかを紹介。

加工食品を食べない

完全に排除は難しいので出来る限りで。

ウインナー、ハム、ベーコンなど冷蔵庫にあれば何かと便利な加工肉はなるべく食べない。

また冷凍食品やコンビニ食品は滅多に口にしません。

(コンビニ弁当やパンなどに関しては年に1度食べるか食べないかくらい。)

もちろんカップ麺は、一切食べません。

(カップ麺は、悪い油と糖質と塩分の塊だと思ってる。笑)

市販のスナック菓子は買わない。

スーパーやコンビニで手軽に手に入るポテトチップスやクッキーなどの菓子類は、極力食べない。

なので、自分では一切買いません。(頂いた場合は、美味しくいただきます。)

スナック菓子、市販のクッキーには、植物油や砂糖などがたっぷり。

これらは、肌の老化をすすめるので美肌の大敵。

とはいえ、たまにケーキや和菓子は食べるときも。でもあくまでも、たまに。

具体的にいえば、一人でスイーツ(ケーキなど)は食べません。

誰かと一緒にカフェに行った時、食事でデザートが出た時、お祝い事でケーキを食べる時。

そんな時は、気にせず味わって愉しみます。

*普段甘いものが欲しい時は、ダークチョコレートを食べています。

【ダークチョコレート】市販で買えるおすすめ3つ

ダークチョコレートの正しい選び方

たんぱく質を意識して摂る。

肌だけでなく、健康的な髪の毛・爪・筋肉などを作るのに必要不可欠なのがたんぱく質。

そんなたんぱく質は、毎日不足しないように意識して摂るように心がけ。

またたんぱく質は、プロテインドリンクやバーには頼らないで、自然の食品から摂るのが重要。

肉・魚・卵・乳製品・大豆製品から偏ることなく満遍なく摂るのがベスト。

わたしの場合は、卵はほぼ毎日、肉もしくは魚も毎日必ず摂るようにしています。

肉だけ、豆腐だけ、など偏らないようにするのも大切。

動物性たんぱく質と植物性たんぱく質をバランス良く摂取するのがおすすめです。

ファーストフード店には行かない。

安くて手軽に食事を済ませることが出来るファーストフード店。

便利性は高いかもしれないけど、健康面を考えるとなるべく避けたい食事の一つ。

安さ・便利さを優先するのか、それとも美容・健康を優先するのか。

わたしは、もちろん美容と健康が一番。

脂質・糖質ともに過多なファーストフードは、食べないし食べたいと思いません。

とってもお腹が減っている時、何も作りたくなくてファーストフードで済ますくらいなら、ナッツやゆで卵を食べる。

その方がよっぽど体にいいはず。ナッツなら、そのまま食べるだけ。ゆで卵なら茹でるだけ。

ファーストフード店に行くのと同じ、もしくはもっと楽チンで経済的です。

*おすすめナッツはロカボナッツ。

【ロカボナッツ置き換えダイエット】おすすめは朝食。

ヘルシーなおつまみ|ロカボナッツ燻製仕込み

スポンサーリンク

シンプルな自炊が美肌になる一番の秘訣

自分で自分のために健康的な食事をつくる。

これが美肌になる一番の秘訣だと思っています。

わたしが自分のために料理をする時は、本当にシンプルな調理と味付け。

基本的に、蒸す・茹でる・焼くのどれか。味付けは、塩・コショウ・スパイス・自家製味噌。

使う油は、オリーブオイル・バター・ココナッツオイルの3つのどれか。

和食でよく使われる醤油・みりん・砂糖などは使いません。

(もちろん誰かにつくる時は、必要に応じて調味料を選びます。)

自分のための食事の時は、とにかく「余計なものは使わない」というのが私のこだわり。

その分、使う調味料は少しこだわります。

オリーブオイルは少し値段が高くても質のいいもの。

塩は、天然塩。ぬちまーす や、モンゴル岩塩がお気に入り。

スパイスは、クミン・ローズマリー・バジル・タイム・オレガノ・タイムなどをよく使います。

砂糖入りの飲み物・ヨーグルトは摂らない。

ダイエット中にも言えることだけど、余計なカロリーや砂糖は摂らないようにしています。

なので、砂糖入りの飲み物やヨーグルトは飲まないし、食べない。

もともと甘すぎるのが苦手なのもあるけど、砂糖の摂りすぎは美肌の大敵。

何気なく飲んでいる、食べているものが肌の老化をすすめていることも。

  • 甘みがついたヨーグルト
  • 缶コーヒー
  • フラペチーノ
  • ソフトドリンク
  • 果物ジュース(砂糖じゃないけど、果糖がたっぷりなので。)
  • カクテル
  • エナジードリンク
  • フレーバー豆乳

これらは、思っているよりも砂糖がたっぷり入っているもの。

美肌のため、またはダイエットのためには避けるべきです。

野菜は積極的に食べる、ただしドレッシングは使わない。

野菜は、美肌だけじゃなくて健康のためにも必要不可欠。

もともと野菜が好きなのもあるけど、積極的に食べています。

ただし、食べる時の注意点として市販のドレッシングを使わないこと。

ドレッシングには、植物油・砂糖などがたっぷり。せっかく野菜から摂れるビタミンなどの栄養素も帳消しになりかねない。

野菜を食べる時は基本的に、塩・オリーブオイル・ビネガーを使う。

シンプルだけど、これだけで十分美味しく食べられます。

毎日ナッツを食べる

高い健康効果として知られているナッツ。

美肌効果も高いと、様々な研究結果がでています。

軽い朝食や、間食として1日20g程度のナッツを食べています。

よく食べるのは、アーモンド・ピスタチオ・くるみ。

最近は、ロカボナッツを愛用しているのでアーモンド・くるみ・ヘーゼルナッツを。

アーモンドは、ビタミンEが豊富に含まれていて美肌効果があると言われています。

きれいな肌になるには、食生活が大切。

少し長くなってしまいましたが、以上がきれいな肌になるための食生活です。

エステや美容液などに高いお金をかけるよりも、毎日のことでもある食事に気を使う方が美肌には効果テキメンです。

吹き出物がよくできる、肌にハリ・つやがない、そんな悩みを抱える方は、まず食生活を見直すことをおすすめします。

sponsored link