【美肌に効果的な食べ物】アーモンド・アボカド・卵etc

スポンサーリンク



美肌になるためには、「何を食べるか」が大切。

高級基礎化粧品やエステではなくて、毎日食べるものに気を使う方が美肌を手にいれる近道です。

嬉しいことに、「すごく肌きれいだね。どんな手入れしているの?」とよく聞かれる私。

特別なスキンケアや、エステに通ったりは全くしていないんです。

でも食べるものには、強いこだわりを持っています。

ということで、この記事では実際に私が食べている美肌に効果的な食べ物を紹介します。

美肌に効果的な7つの食品

美肌になるためには、外側のケアよりも内側のケアの方が大切。

毎日食べているものから、私たちの体が作られていることを忘れてはいけません。

スナック菓子やインスタント食品ばかり食べている身体からは美肌を作ることは不可能。

できる限り自然で加工していない栄養があるものを食べることが美肌に一番効果的です。

スポンサーリンク

アーモンド

小腹が空いた時によく食べるナッツ類。中でも美肌効果を求めるならアーモンドがおすすめ。

アーモンドが美肌に効果的な理由

  • ビタミンE
  • オレイン酸
  • 食物繊維

アーモンドにはこれらの栄養素が豊富に含まれていて美肌に効果的な理由です。

詳しくは、こっちにまとめました。

▶︎アーモンドはダイエットにも美容にもいい。

最近よく食べるのが「ロカボナッツ」という商品。

 

くるみ・アーモンド・ヘーゼルナッツの素焼きがバランス良く30g小袋になっています。

あらかじめ小分けしてくれているので、食べ過ぎ防止にも。またカバンに入れておけば、仕事中に小腹が減った時や外出先での間食にもすぐ食べれるので助かります。

また、このロカボナッツはナッツがすっごく美味しい。くるみも苦味がなくほんのり甘みを感じられる美味しさです。

1袋30gと結構ボリュームがあるので、空腹も満たされます。

1日1〜2個は必ず食べているのが「卵」。

美肌に効果的なだけじゃなく、健康のためにも食べるように心がけています。

卵には、良質なたんぱく質が含まれているのはもちろん。人間が体内で作ることの出来ない必須アミノ酸をバランスよく含んでいます。

美肌に、たんぱく質は必要不可欠。(肌以外にも筋肉や髪の毛、爪のもとになるのがたんぱく質。)

1日の理想たんぱく質摂取量が、不足しないためにも毎日最低1個の卵を食べてみてはいかがでしょう?

朝食に目玉焼きにしたり、ゆで卵をお弁当に入れたり、卵は調理法がたくさんあるので毎日飽きずに食べられます。

アボカド

「森のバター」と言われるほど、良質な脂質をたっぷり含んでいるアボカド。

アボカドはアーモンド同様、ビタミンEやオレイン酸を豊富に含んでいるのが特徴。

さらに低糖質で食物繊維が豊富。(糖質の摂りすぎは肌の老化を進めるといわれています。)

健康・美容意識が高い人はすでに取り入れているかも?

1日1/2個を目安に食べるのがおすすめです。

スポンサーリンク

色の濃い野菜

美肌・健康に欠かせない野菜。

とくに緑黄色野菜など色の濃い野菜を意識して食べています。

ブロッコリー・小松菜・ニラ・キャベツなど緑色の野菜は糖質も低く栄養価が高いものが多いのでおすすめ。

私が積極的に食べる野菜の1つが、ブロッコリー。食べ応えがあって、栄養価が高く、何より美味しいからお気に入り。

ブロッコリーのおすすめの食べ方
私はシンプルに茹でて、美味しいお塩で食べるのがお気に入り。

他にも、ゆで卵と和えてサラダ風にするのも美味しいです。

おすすめ!野菜につけたい、美味しい塩

ミネラルを豊富に含んだパウダー状のお塩。
スープを作るときにも、ぬちまーすを使うだけでグンと美味しくなっておすすめ。

クレイジーソルトがあれば、なんでも美味しくなる気がするのは私だけ?
お肉を焼くときにもおすすめ。

果物

ビタミン・ミネラルを豊富に含む果物は、毎日取り入れたい食品。

特におすすめなのが、ブルーベリー・ラズベリーなどのベリー類の果物。

ベリー類には、抗酸化作用・アントシアニンが豊富に含まれていて美肌に効果抜群。

果物は、食べ過ぎると果糖・カロリーの過多になる恐れがあるので少し注意したいところですが、個人的には度を越した量を食べ過ぎない限り、太ることもなく問題ないと思ったり。

*1日100gの果物をとるのが理想的。

発酵食品(納豆・キムチ・ヨーグルトなど)

美肌になるために、便秘は大敵。

便秘を解消するためには、腸内環境を整えてくれる発酵食品が効果的。

発酵食品といえば、納豆・漬物・味噌あたりが日本人にとって馴染みあるもの。

他にも、ヨーグルトやドイツの伝統発酵食品ザワークラウトは、肉・魚料理の付け添えにも合うのでおすすめ。

毎食、発酵食品を一品加えることを意識してみてください。

関連記事:【朝1杯の水が便秘に効く】健康オタクの習慣

白ワイン

白ワインには、赤ワインよりも抗酸化作用があると言われています。

飲み過ぎはもちろん禁物ですが、1日グラス1〜2杯程度なら適量。

私も毎日グラス1〜2杯の白ワインを夕食と一緒にいただきます。

また白ワインには、美肌効果以外に、便秘解消効果もあるという調査結果も。

適量の白ワインは、美容・健康そして娯楽におすすめです。

普段、ビールやカクテルを飲んでいる人も白ワインにしてみてはどうでしょう。

▶︎コストコのおすすめ白ワイン

▶︎おすすめワインまとめ

まとめ

美肌になるためには、食べるものが何より重要。

エステや、基礎化粧品にお金をかけるよりも、内側からのケアが何より大切。

紹介した7つの食品を積極的に取り入れて、美肌を目指してはいかがでしょうか?

sponsored link