「青い象のことだけは考えないで」ネガティブ思考・心理学好きにおすすめ

月に1〜2冊の本を読む程度の読書愛好家な私。

タイトルが何とも興味深いこの本、青い象のことだけは考えないで!は心理学に興味がある人におすすめの1冊。

専門的な知識を必要とせず、読みやすく仕上がっているのであっという間に読み終えてしまう内容。

ちょっと、新しい知識や考え方を学びたいなという時にぴったりです。

青い象のことを考えずにはいられなくなるタイトル。

 

 

私は単行本で読みましたが、Kindle版の方がかなり安いのでおすすめです。

 

タイトルを見ると、青い象のことしか考えられなくなってしまう。

中身を読み始める前から、人間の心理・思考の本質を捉えてくる1冊。

スポンサーリンク

「青い象のことだけは考えないで!」の内容は?

人間の心理・思考について書かれています。

全て自分の思考からとっている行動は、実は他人から影響を受けていたり、知らぬうちにコントロールされている事がある。

こんなことを、「なるほどな〜」と分かりやすく説明してくれています。

その性質を理解したうえで、自分の思考や潜在意識の有効的な使い方を教えてくれます。

思考に関するトリックや実践できるメゾットがたくさんあり、実際にやってみると結構面白い。

 

書かれている内容の1つを少し紹介。

うつ病の人に首のコルセットをつけてもらい、下を向かず上を見上げる状態を維持させる。

それだけで、症状が改善されたという実験結果が出た。

人間、辛い時悲しい時こそ下を向かずに上を見るのが大切だということでしょう。

何か落ち込んだ時は、ぜひ実践したい!

 

他にも、『心と体は繋がっているんだ』という内容は個人的に興味深くて面白かったところ。

(実践できるトリックも書いてあるので、ぜひやってみてほしい。)

 

医学的考え・実際の体験談をもとに分かりやすく人間の思考について書いてあるので、す〜っと頭に入っていく一冊。

「青い象のことだけは考えないで」がおすすめな人

  • 最近、ネガティブになりがちだ。
  • 心理学にちょっと興味がある。
  • やりたいことがあるのに、実践できない。
  • 考え方を変えたい。
  • 面白い本が読みたい。

あくまでも私の意見ですが、上の項目に当てはまる人にはおすすめしたい1冊。

読みやすいので、通勤・通学中などの時間を使って読むのにちょうど良い内容だと思います。

「青い象のことだけは考えないで」のまとめ

専門的な本ではなく、「ちょっと心理学に興味がある」くらいの人にも読みやすい内容になっているこの本。

知っておくと便利なこと、うまく活用できそうなメゾット等が書いてあるので、読んでいて損はない1冊。

人間の思考は、とても影響されやすいもの、そして心と体は決して別モノではなく、繋がっていることを実感させられる1冊でした。

 

sponsored link