【手帳・タスク管理】デジタルとアナログの上手な使い分け

手帳やスケジュール・タスク管理について
アナログでするか(紙やノート)、それとも
スマホなどデジタルで管理するか・・・。

これで悩んでいる人って結構多いのではないでしょうか。

私自身も、どちらがいいか悩んでいました。

でも、最近その答えが出ましたよっ。

デジタルとアナログを併用して
上手に使い分ける。

これが自分には一番しっくりきて
今はスケジュールやタスク管理がうまいこといってます。

デジタルもアナログも、互いにしかない
メリット・デメリットがあるんです。

じゃあ両方のいいとこどりをしてしまえば
いいじゃない!

ってことで、私が実践している
手帳・スケジュール・タスク管理について
デジタルとアナログの併用方法を紹介します。

スポンサーリンク

デジタルとアナログを併用した使い分け方法

この記事では、

  • デジタル=スマホ
  • アナログ=紙媒体

として話を進めていきますね。

スポンサーリンク

デジタルは、荷物を増やさないために使う

私がデジタルのスマホアプリを使う理由は、

  • 外出時の荷物を増やしたくない
  • 「うっかり忘れてしまった」の防止

この2つです。

iPhoneユーザーの私は、元々入っているカレンダーアプリと
「Todoist」というアプリの2つを使います。

カレンダー:時間が決まっている予定や締め切り

(「12:00に取引先に電話する」など、うっかり忘れてしまいそうなこと)

Todoist:その日にするべきタスク/買い物リスト/ひらめき・思いつき

時間が決まっている予定や、締め切りがあるものは
カレンダーの通知機能を使って忘れないようにします。

重要度の高いものや、予定の時間帯がバタバタしているかも
しれないと思う時は、予備の通知も設定しておきダブルスタンバイ。

Todoistは、アプリ内でリストを複数作ることが出来て便利。

  • TODOリスト
  • 買い物リスト
  • 思いつき・ひらめい・アイデア
  • ブログネタ

私の場合は、4つに分けて使っています。

食料品の買い物をする時にわざわざメモを持っていくのも面倒だし
アナログのノートを持ち運ぶのは荷物がかさばり、さらに面倒。

なので、食料品の買い物リストはデジタルで管理。
これはすごくおすすめ。

「醤油切らしそう〜、買っておかなきゃ。」
と思ったら、すぐにiPhoneを開いて買い物リストに
「醤油」と入れ込む。

あとは、スーパーに行った時にこのフォルダを
開くだけ。

買い物リストをデジタルで管理してからは
買い忘れがなくなりました。

スポンサーリンク

アナログは主に家で使う

デジタルは外出中に使い、アナログな紙媒体は家で使うのが基本。

私はバレットジャーナルを実践しているので
使っているのはルーズリーフ。

▶︎バレットジャーナルの始め方・特徴
▶︎バレットジャーナルにおすすめノート【ルーズリーフ】

基本的には、朝の外出前と夜の寝る前に
手帳時間(バレットジャーナル)を作っています。

アナログの手書きは、カレンダー形式のフォーマットに
直接書き込んでいったり、自分好みにカテゴリー分けして
やることリストなどをリストアップできるのが便利。

(スマホでの1ヶ月の予定管理などは
どうも使い勝手が悪い気がします。)

また手書きで記録しておくことで、
頭の中に残りやすいと実感しています。

アナログの手帳は、主に

  • 月・週単位の予定管理
  • 月・週単位のタスク管理
  • 心の整理
  • 日記

に使っています。

なので、1ヶ月のおおまかな予定や1週間単位の
予定やスケジュール・タスク管理はアナログです。

ある程度大まかなスケジュールをアナログで
記録しておく。

それを毎朝(もしくは前日の寝る前など)に
当日の分だけをデジタルに移行する。

といった流れが私のデジタルとアナログの使い分けです。

アナログ手帳ならではのメリット

デジタルでは出来ないアナログ手帳のいいところは、

  • 目の前のことに集中できる。
  • 愛着がわく。
  • SNSなどネットから遮断できる

手書きのアナログ手帳の方が、仕事や趣味の
アイデアを考えたり、企画を作るのに向いていると思います。

その理由は、インターネットから完全に遮断できる環境
スマホを使ったアプリでしていると、どうしても外部からの
影響を受けやすくなります。

「ちょっとInstagramを見てみよう。」
「メールが来たから、とりあえず先に読もう。」
「ラインの通知が来た、誰だろう?」

とスマホを開いていると、色んな誘惑があります。

その反面、アナログ手帳やノートは完全に
インターネットから切り離されているため
目の前のタスクやアイデア・思いつきに集中できます。

(もちろんこの時にスマホを横に置いていたら
意味がないけど・・・)

また、手書きで手帳やバレットジャーナルを
書き込んでいくことで愛着がわきます。

デジタルにはない、温かみが感じられます。

これも手書きのアナログ手帳ならではの魅力。

この愛着が大きくなってたどり着くのが
バレットジャーナルを可愛く飾ったりデザインすること。

Instagramで#buletjournal と検索すれば
手帳・バレットジャーナルへの愛着の強さが
感じられる投稿をたくさん見ることができます。

(手帳好きには、とても参考になるものがたくさんです。)

デジタルとアナログを使い分けるメリット

ここまでで説明した通り、私は家ではアナログ中心
外ではデジタル中心で、予定やタスク管理をしています。

デジタルとアナログを使い分けることのメリットは

  • うっかり忘れを防げる
    (カレンダーの通知機能を利用と買い出しリスト)
  • 外出時の荷物が減る
    (重たいノートを持ち運ばずに済む。)
    (*コンパクトなA5ルーズリーフは持ち運びにもおすすめ)
  • アナログはアイデアが湧きやすい、一ヶ月単位の予定管理がしやすい。

ゆっくり時間を使うのは、アナログ。

リアルタイムな管理は、デジタルで。

こうやって使い分けておくと、とても便利です。

スケジュールやタスク管理で
デジタルとアナログの使い分けに悩んでいる方、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.