添加物が太る理由とは?腸内環境の乱れが原因。

ジャンクフードやお菓子などに多く含まれている添加物は、太る原因に。

その理由は、添加物を摂ることによって腸内環境の乱れを引き起こすから。

腸内環境が乱れて悪くなることで、食べ過ぎや肥満の原因に。

痩せたいなら、添加物を減らして腸内環境を乱さないようにするのが大切です。

添加物で太りやすくなる。

コンビニ食品、市販のパン、ファストフードやジャンクフードなどの加工食品。

便利で簡単に手に入るこれらの食べ物には、添加物がたくさん含まれています。

その添加物によって、腸内環境が乱れてしまいます。

腸内環境を良好に保つのは、痩せるためにはとても重要。

添加物を摂る

腸内環境が乱れる

太る原因・太りやすくなる。

こうならないためにも、腸内環境を乱す原因になる添加物は出来るだけ避けたいものです。

では、なぜ腸内環境が乱れると太りやすくなるのでしょうか?

スポンサーリンク

腸内環境が乱れると太る理由は?

  1. ジャンクフードが食べたくなる。
  2. 満腹中枢がおかしくなる。
  3. 精神的に不安定になる。

(参考文献:https://yuchrszk.blogspot.com/2015/08/blog-post_45.html

ファストフード・ジャンクフードは中毒性がある

添加物がたっぷり含まれているジャンクフードは、中毒性があると言われています。

食べれば食べるほど、「もっと食べたい」って気持ちになってしまうということ。

そうすれば、添加物の摂取量も多くなり腸内環境は乱れていく一方。

便利で手軽で、忙しい時には助かるのでついつい頼ってしまいがちなファストフードも太りたくないなら食べないのが一番。

またジャンクフードを食べ過ぎると、痩せ菌と言われているバクテロイデスが減り、代わりにファーミキューテスというデブ菌が増えてしまいます。

これも添加物を摂ると太る原因の1つに。

そこで代替食品としておすすめなのが、ゆで卵。

ゆで卵なら作り置きが出来て、栄養満点で添加物もゼロ、そして、経済的です。

腸内環境が乱れると食欲が暴走する

ファストフードやジャンクフードを食べると腸内環境が乱れる原因。

そうなると、次に起こるのが満腹中枢が狂ってしまいおかしく。

食べても食べても満たされず、食欲が暴走モードに。

結果的に食べ過ぎにつながりカロリーオーバー。そうなると、太るのは当たり前。

腸内環境の乱れは、体だけでなく脳と大きく関係しているのです。

腸内環境は精神面にも影響する。

これって太る原因と関係ないのでは?と思うけど実際そうでもないのが事実。

ストレス食い・やけ食いという言葉があるように、メンタルが不安定だと食べ過ぎる傾向になることも。

添加物を摂りすぎて腸内環境が乱れてしまうと、あらゆる面から悪影響が起こり太る原因になってしまいます。

添加物を減らすための食生活

添加物を摂ることで、腸内環境が乱れ太る原因になることはもう明らか。

では、どうやって添加物を減らせばいい?

その答えは、「自炊すること」が一番。

コンビニやスーパーのお惣菜に頼らず、できるだけ自分で調理して食べるのが一番。

いきなり切り替えるのは難しいので少しずつ添加物を減らしていく努力が大切。

スナック菓子やジャンクフードなどの加工食品を1日の摂取カロリーの1割程度に抑えるのを目安に食生活を改善していくのがいいでしょう。

今回この記事を書くにあたっては、こちらのサイトを参考にさせていただきました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.