iPadでバレットジャーナルならGoodNotesがおすすめ

iPadで始めるデジタルなバレットジャーナルには、GoodNotesというメモアプリがおすすめです。

シンプルで使い易いのが特徴で、デジタルバレットジャーナルにぴったり。

他にもバレットジャーナルに使えるメモアプリがある中、私はこれ一択です。

有料ですが、バレットジャーナルだけでなく仕事や勉強にも使える便利なアプリ。

なので、iPadを活用したいという人は買って損はないですよ。

この記事では、GoodNotesを使ったバレットジャーナルの使い方と、どういう点がおすすめなのかを解説します。

予定もタスクもデジタル化して管理したい、バレットジャーナルをiPadで始めたいという方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

GoodNotesでバレットジャーナルを始める

では早速、GoodNotesを使ってバレットジャーナルを作っていきましょう。

iPadとApplePencilを使えば、デジタルだけど手書きというハイブリッド的なバレットジャーナルが実現します。

その時に欠かせないアプリこそがGoodNotes。
この記事では、GoodNotes4を使用していますが、現在ではGoodNotes5も販売されています。
(GoodNotes4をお持ちの方は、無料で5にアップデート出来ます。)

スポンサーリンク

ノートをアプリ内に作る

GoodNotesは、アプリ内に何冊もノートを作ることができます。

バレットジャーナル用、勉強用、仕事用と用途に合わせて、またフォルダ分けも出来るようになっています。

一つのiPadに何冊もノートを詰め込めるという感じ。

私はバレットジャーナル用のフォルダを作り、その中に月ごとにノートを作っています。

そうすると見返したいときにも便利です。

ノート表紙のカバーも種類豊富。

(カバーなしも選択出来るので、オリジナルの表紙を作るのもおすすめ。)

ノートの中身も、方眼タイプや横線・無地など選ぶことができます。

好みに合わせて、横向きで使うこともできますよ。

GoodNotesに自分好みの用紙を読み込む

もちろん元から入っているノートページを使っても大丈夫。

私は、真っ白なドット欄がよかったので、外部サイトでダウンロードして使用しています。

「方眼 PDF」「ノート PDF」などで検索すれば、無料でダウンロードできる素材がたくさんあるので、自分好みのノートページを見つけてくださいね。

ダウンロードした用紙テンプレートは、「+」(左上にあるマーク)から読み込みノートに追加していくことができます。

ここまで準備ができたら、あとは従来のバレットジャーナルと同様にキー、フューチャーログ(年間予定)・マンスリーログ(月間予定)・ウィークリーログ(週間予定)などを書き込んでいきます。

スポンサーリンク

GoodNotesがバレットジャーナルにおすすめな理由

  1. シンプルで使い易い
  2. 最低限必要なツールが揃ってる
  3. PDFを読み込んで書き込みができる

とにかくシンプルで使いやすいのがおすすめの理由。

必要最低限なツールはあって、ごちゃごちゃしてないところがお気に入りです。

また、PDFファイルを読み込んで直接書き込みができるのがとても便利。

バレットジャーナル以外にもPDF形式の書類を読み込んで校正するのに使ったり、勉強用のノートとしても大活躍してくれます。

iPadでバレットジャーナルならGoodNotesをおすすめ

有料アプリだけど買って損はない優秀なメモアプリ、GoodNotes。

バレットジャーナル以外でも、使い道はたくさんあるのですごく便利で無くてはならないアプリの1つになっています。

機能がシンプルで複雑じゃないところも、使いやすくてお気に入りのポイントです。

iPadとApplePencilを使ってこれからバレットジャーナルを始めようという方には、GoodNotesをおすすめします。

他にもアプリはたくさんあるけど、どれがいいか分からないという人は、ぜひ使ってみてくださいね。

3 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.