【ダイエット中の間食】上手に選ぶための3つのコツ。

ダイエットをしていても小腹が減って何か食べた〜い。

そんな時は、何を食べるかを賢く選ぶのがダイエット成功のコツ。

美容・健康オタクの私が考えた、『間食をする時の選び方』について紹介したいと思います。

ダイエット中の間食は「後悔しないもの」を選ぶ。

私が間食をする時に心がけているのは、

  1. 食べた後に後悔しないもの。
  2. 本当に食べたいもの。
  3. 自分の栄養になると思えるもの。

この3つを意識して食べるものを決めること。

「ダイエット中の間食=太る」は間違い。

上手に食べるものを選んだら間食をしても太る心配は無用です。

スポンサーリンク

間食の選ぶコツ①「満たすために食べない。」

空腹を満たすためだけに、適当にすぐに食べれるものを選ぶのはNG。

私は、食べた後に後悔しないものを間食として食べるように心がけています。

とにかくお腹が減ったからといって、目の前にあるスナック菓子に手を出したり、便利なコンビニで菓子パンを買ったり。

それらを食べた後、「あ〜食べなきゃ良かった・・。」なんて思うのなら選ばないこと。

安い・すぐ食べられる・便利だからといって、間食に食べるのはよくありません。

*間食する時には、「これを食べても後悔しないかな?」と自分に問いかけてから考えること

間食の選ぶコツ②本当に食べたいものを食べる。

「ダイエットにおすすめ」「低カロリー」「栄養補助食品」

こんなフレーズを見て、これならダイエット中の間食でも大丈夫と食べている人は要注意。

本当に、その食品が好きですか?

本当に食べたいものはクッキーなのに、無理にダイエットに良さそうなシリアルバーを食べてみたりしていませんか?

無理に食べたくないものを選んで食べても、心は満たされない。

<ダイエットに良さそう、だけど食べたくない>ものを食べるよりも、自分が本当に食べたいものをゆっくり味わって食べる方が心もお腹も満たされるはず。

もちろん食べたい物の内容にもよるけど。。

例えば、今あなたはチョコレートが食べたい。でもダイエット中だから0Kcalのゼリーを食べる。

それで心もお腹も満たされるのなら問題はなし。

でも大抵の人が、もっと何か食べたくなったり、結局満足感がないからその後の食事を食べ過ぎてしまったり。

それなら、本当に食べたいと思うチョコレートを少しゆっくり味わって食べる方が満足感は遥かに大きいはず。

ダイエット中だからといって、食べたくない物でも身体に良さそうなものばかりを食べるのはストレスも溜まるしおすすめできません。

スポンサーリンク

間食の選ぶコツ③「自分の身体=食べたもの」を意識する。

自分が選んで口にしたものから、自分の身体が出来ている。

このことを、常に意識するのはダイエットだけでなく美容・健康にも効果的。

自分の口に入ったものから身体は作られているって事を頭に入れておけば、自然に身体に悪そうなものを選ぶ頻度は低くなるはず。

毎日カップ麺を食べて、大量の油と炭水化物から出来た身体になりたいと思いますか?

砂糖まみれ、油まみれの食事からは、健康的なスタイルも、美肌も、健康も維持する事は不可能。

身体に悪いものを選ばないためのポイントは、

  • 砂糖・植物油を使っていないもの
  • 保存料・添加物を使っていないもの
  • 原材料が何かわかるもの
  • 自然の形に近いもの

これらを意識しながら選ぶのがおすすめ。

とはいっても、ストイックになりすぎるのもストレスの原因になるので禁物。

ダイエット中に関わらず美容・健康のためにも食事はバランスが大切。

たまには、ケーキやアイスクリームなどのスイーツも食べても大丈夫。

1週間単位で、調整しながら身体にいいものを積極的に食べることを意識してみては?

まとめ

今日はダイエット中の間食について、上手な選び方を紹介しました。

別の記事では、間食におすすめな食べ物なども紹介しているので良ければ参考にしてみてください。

【地中海式ダイエット】おすすめ間食・スナック

【ライスケーキ】ヘルシーな間食におすすめ

【セロリとピーナッツバター】意外に美味しい味なんです。

【ダークチョコレート】市販で買えるおすすめ3つ

sponsored link