肌荒れの原因?今すぐやめるべき5つの生活習慣

もしかすると、普段のその生活が美肌から遠ざけているかも?

肌荒れの原因は意外と普段の生活習慣が関係していることがあります。

美肌になりたい、肌荒れやニキビに悩んでいるという方は、ぜひこの記事を読みながら普段の生活を振り返ってみてください。

毎日の食事を始めとする生活習慣を見直すだけで、肌はちゃんと応えて、きれいになってくれるはず。

20歳のころは、とにかくニキビだらけで跡もひどかった私。

食事と生活習慣を改善して、今は肌トラブル一切なし。

むしろ、嬉しいことに「肌きれいだね」とよく褒められるようになりました。

スポンサーリンク

美肌になりたいなら今すぐやめるべき5つの事

メイクを落とさず寝る

これはもう基本中の基本。

「メイクをしたままうっかり朝まで寝ちゃってた!」なんていうのは、ご法度。

とにかくお酒を飲み過ぎても、お風呂に入る元気が無くても、メイクだけはしっかり落としてから寝ましょう。

わたし

私は人生で一度もメイクをしたまま寝てしまったことはありません。

実際、メイクを落とさず寝てしまったら翌日ニキビが出来いたという話はよく聞きます。

もちろん1度や2度で、一気に肌が汚くなることは考えにくいです。

が、数を重ねると肌にとって悪影響なのは間違いありません。

メイクを落とさず寝てしまうと、顔に汚れがつきっぱなしの状態。

ファンデーションや下地などベースメイクをしっかりしていたら、特にダメージ大。

日中は紫外線から守る役目を果たしてくれますが、落とさずに寝れば肌に負担をかけてしまうだけ。

メイクを落とさず寝る、また長時間メイクしっぱなしは、お肌にはよくありません。
肌荒れ・くすみ・しわ等の原因にもなるので気をつけましょう。

私は帰ったらなるべく早くメイクを落とすようにしています。

▼おすすめ愛用クレンジングバーム▼

レビュー記事▶︎inkクレンジングバームの使用レビュー


スポンサーリンク

不規則な生活・睡眠不足

睡眠は美肌にはもちろん、ダイエットにも健康にもすごーく大切。

毎日6〜8時間は睡眠時間を確保するのが理想的。

睡眠不足は、クマの原因になるだけではなく肌荒れや顔色の悪さにもつながります。

また寝溜めや、週末だけ夜更かしなど不規則な睡眠リズムも身体はストレスに感じます。

(朝夜逆転しがちな生活を送っていた時は、一番肌荒れがひどかったです。)

ストレスを感じた時にでるホルモン、コルチゾールは肌の乾燥やにきび、吹き出物などの原因になります。

普段から規則正しい生活リズムを心がけて、しっかり睡眠時間をとることが大切です。

わたし

私は仕事・休み関係なく0時までに寝て6〜7時に起きます。

喫煙

健康オタクといいながら、元喫煙者です。

そして、「タバコをやめたら毛穴が目立たなくなる」は本当でした。

特に頰周辺の毛穴はタバコをやめてから一気に小さく、目立たなくなりました。

やっぱり、百害あって一利なしですね。

禁煙してからは、たまに受けるフェイシャルレーザーの効果もテキメン。

健康のためにはもちろんですが、毛穴・シミ・しわ対策にも喫煙は大敵です。

おすすめ美容レーザー▶︎アレキサンドライト・ジェントルレイズの脱毛・美肌効果は?

スポンサーリンク

ジャンクフード・揚げ物をよく食べる

食べる物は美肌に大きく影響します。

肌荒れの大きな原因になることもあれば、逆に食事を変えるだけでも肌がグンと綺麗にもなります。

私が美肌と健康のために普段から食べない物といえば、ジャンクフードや揚げ物。

あとは、コンビニのお弁当やレトルト食品も食べません。

(あまり食べたいと思わないという理由もあります。)

昔は(18〜20歳くらい)、お昼はマックのポテトだけ、夜中に宅配ピザ。

こんな食生活をしていた時もあります。

その時は、やっぱり肌の油分が多くなってメイクが崩れがち。
顎・口周りには、白ニキビがしょっちゅう出来ていました。

そんな食生活を改善し、加工食品は控えて自炊中心、脂っこいものを控えめに。

すると、ニキビや吹き出物もなくなって肌のキメも細かくなりました。

わたし

やっぱり食事の影響はとても大きい!しっかり応えてくれた、我が肌よ!

私の中で、ジャンクフードの基準は『高脂質・高糖質・高カロリー』で『超加工食品』なもの。

ファストフードのハンバーガーやポテト、コンビニの菓子パン、ホットスナックとか。

といっても、揚げ物は、時々食べたくなることがあります。

わたし

ちなみに揚げ物は牡蠣フライと赤身のビフカツが好き(笑)

その時は我慢せずに食べます。

が、たくさんは食べない(←食べれない)。
頻度で言うと月1〜2回。

ジャンクフードも揚げ物も、どんな食べ物に関しても「絶対食べたらダメ」とは思っていません。

こういう事↓

ただバランスは大事。

ジャンクフードばかりに偏る食事は、健康にも美容にもよくありません。

週に2〜3回食べることがあるという人は、そのうちの1回は野菜をたっぷり取れる食事に変えるなどから始めてるといいと思います。

便秘

便秘は美肌の大敵であり、肌荒れの原因です。

他にも、むくみや口臭の原因にもなります。

なので、1日でも早く便秘体質は改善していくべき。

そのためには、色々な方法がありますが何が合うかも人それぞれ。

食事で治る人もいれば、運動やストレッチが効く人も。

大事なのは、とりあえずやってみること。

私がおすすめする便秘解消の方法は、こんな感じ。

  • 水をよく飲む
  • 発酵食品を毎日食べる
  • 食物繊維をしっかり摂る
  • ストレッチボールで朝晩お腹をほぐす

まずは出来そうなもの(もちろん全部でも)をやってみて、便秘しない体質に変えていくことが美肌に効果的です。

▼便秘に役立つ記事▼

便秘とダイエットに効果抜群なオートミールレシピ

【朝1杯の水が便秘に効く】健康オタクの習慣

便秘に効く漢方薬「麻子仁丸」は効きすぎに注意

便秘に効くドイツパン

わたし

手軽にとれる発酵食品としてザワークラウトはおすすめ
created by Rinker
Henfstenberg(ヘングステンベルグ)
¥383 (2020/08/05 02:51:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

美肌になるには生活習慣を変えることから

きれいな肌になりたい!と思った時、美容液やパックなど外側ケアの力に頼るのも1つの手。

でも、自分の体の内側から(私は土台と思っている)いわゆる日々の生活習慣や食生活を変えることも同じくらい、むしろそれ以上に大切。

「あなたの身体は、あなたが食べたもので出来ている」という言葉があるように、特に日々の食事はきれいな肌になる為にすごく重要だと感じています。

もちろん同じくらい睡眠も。

規則的な生活リズムと十分な睡眠は美肌にはもちろん、健康にも大切。

しっかり寝る、しっかり栄養のあるものを食べる、を意識して肌トラブルなしの美肌を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.