【地中海式ダイエット】果物・野菜・魚が基本の食事ルール。

スポンサーリンク



私がおすすめする『健康的に痩せられる方法』が地中海式ダイエット。

地中海式ダイエットとは?については前回の記事で紹介しています。

地中海式ダイエットがよく分からないという方は、先にこっちの記事を読んでね。

▶︎地中海式ダイエットとは?【解説】

今日は、地中海式ダイエットの基本的な食事ルールについて。

地中海式ダイエットでは、『何をどのくらい食べたらいいのか』を紹介します。

地中海式ダイエットで食べるもの・食べないもの

地中海式ダイエットは簡単にいうと『野菜・果物・魚をたくさん食べよう』という食事法。

さらに、言うと大きく分けて

  1. 毎日食べるもの
  2. 週に1〜2回程度食べるもの
  3. 食べない方がいいもの

に分けられます。

上の写真のピラミッド図を参考にしてみてください。

下の食品をたくさん、上にいけばいくほど控えめにしていくのは地中海式ダイエットの食事ルールです。

スポンサーリンク

地中海式ダイエットの定番食材(毎日食べたいもの)

  • 果物
  • 野菜
  • 全粒穀物
  • 豆類
  • オリーブオイル
  • ハーブ
  • ナッツ

これらは、毎日積極的に食べたいものたち。

果物や野菜は、制限はないのでバランス良く旬のものを。

地中海式ダイエットは、主に魚からたんぱく質を摂るのが基本。

『肉よりも魚を多めに食べる』という意識を持っておきましょう。

 

また、地中海式ダイエットは、糖質制限ダイエットとは違うので炭水化物もOKな食材。

ただし、全粒粉を使用しているものが栄養価も高く推奨されています。

パスタやパンを食べる時は、全粒粉やライ麦使用のものを選ぶようにしてくださいね。

▶︎ダイエットにおすすめメステマッハーのドイツパン

ほかにも、オートミールやブランチップスなども地中海式ダイエットにおすすめの穀物。

ブランチップスは、食物繊維が豊富なふすまからできたもの。

ヨーグルトとに入れて蜂蜜や果物と一緒に食べるのが美味しくてお気に入り。

 

 

スポンサーリンク

地中海式ダイエットで週2〜3回食べるもの

  • 鶏肉
  • ヨーグルト
  • チーズ

これらは、地中海式ダイエットで適量に食べるもの。

全てたんぱく質を摂るためには欠かせない食材なので、食べ過ぎないように気をつけて適度に食べるのがおすすめ。

地中海式ダイエットでたまに食べるもの

  • すべての赤身肉

牛肉・豚肉・羊肉は、たま〜に食べる程度に収めるのが地中海式ダイエット。

週1回程度にしておきましょう。

地中海式ダイエットで食べない方がいいもの

  • 清涼飲料水
  • 加工食品
  • 精製穀物(市販のパンやパスタ)
  • サラダ油
  • マーガリン
  • 砂糖

これらは、一切食べないようにするべき食品。

炭酸ドリンク、ジュースは、ただの砂糖水。

地中海式ダイエットに関わらず、完全に食生活から排除するべき。

冷凍食品やコンビニ食材は完全にカットするのが理想。できればスーパーのお惣菜も。

またスーパーで売っている市販のパンや、パスタも食べない方がいいもの。

これらの食品には、サラダ油やマーガリンはもちろん添加物・保存料もたくさん入っています。

まとめ 地中海式ダイエットは簡単です。

地中海式ダイエットは「野菜と果物と魚をたくさん食べる」と「体に悪そうなものは避ける」を心がけておけば、基本的には大丈夫。

地中海式ダイエットは、食べるものにある程度制限があるものの、カロリー計算は不要なのも特徴。

ゆるく始められるので、厳しい食事制限が苦手な人にもぴったり。

また肉よりも魚中心の食事スタイルは、私たち日本人にもはじめやすい健康的なダイエット方法。

地中海式ダイエットの食事ルールに沿って、健康的な食事スタイルを取り入れてみてくださいね。

 

sponsored link