食べても太らない体質になるための習慣

「そんなに食べてないつもりなのに痩せない。」

「食べるのは我慢したくないけど痩せたい。」

「太りにくい体質になりたい。」

こんな悩みがある女性は多いはず。

そんな人に参考にしてほしいのが
太りにくい体質になる生活習慣

これから紹介する習慣は、運動嫌いな人にも
おすすめです。

食べたいものを食べながら
太らず体重をキープしている私が実践していること。

(ちなみに私は158cm45〜46kg)

どの習慣も難しいことではなく、取り入れやすいと
思います。

いきなり全てを習慣にする必要はないし、
自分が出来そうなものから少しずつ習慣に
していくだけで大丈夫。

続けていくだけで、食べても太らない体質に。

目指すのは代謝ができる燃費のいい体です。

スポンサーリンク

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

生活習慣を改善して、食べても太らない体質を

食べても太らない、もしくは太りにくい体質を
作りたいと思いませんか?

たくさんのダイエットをした私がたどり着いた
太らない体質になるための生活習慣をまとめてみました。

1つからでも、取り入れて一緒に太らない体質を目指しましょう。

▶︎枝豆ダイエットのやり方・効果

▶︎好きなものを我慢せずにダイエットする方法

1日2リットル以上の水分補給

私の朝はコップ2杯の水からスタート。

1日を通して最低2リットル以上の水を欠かさず飲んでいます。

また夏でも、常温の水が基本です。
これは体・胃腸を冷やさないため。
体が冷えると、代謝が落ちたり
むくみにつながります。

そのため外食の時も、できるだけ氷なしの
水をもらうようにしています。

水分をしっかり摂ることは、
代謝をよくするために大切

便秘やむくみを防ぐためにも
水分の補給は欠かせません。

また炭酸水は、ダイエット中におすすめ。

ちょっと小腹がすいたなと思う時にも
炭酸水や水をたっぷり飲んでみると
意外にも空腹がまぎれます。

(水分不足が嘘の空腹を感じさせることもあります。)

おすすめの美味しい炭酸水は、

▶︎サントリー 天然水 スパークリングレモン
レモン味で爽やかすっきり。
空腹時におすすめです。

\水分補給のポイント/

  • 喉が乾く前に、こまめに水分補給をする。
  • できるだけ常温の水を飲むようにする。

スポンサーリンク

毎日プチ断食(12〜14時間)

胃腸を休ませるため、食べたものを
しっかり消化させるためにも大切なこと。

毎日のプチ断食を習慣にしています。

なるべく夕食を早く済ませるように心がけ
夕食後〜翌日の食事まで食べない時間を
12〜14時間とるように心がけています。

夕食が遅めの人は、朝食を抜くなどして
一定の時間、食べない時間を作るのがおすすめ。

▶︎朝食抜きダイエットは1週間で効果あり。

「朝食を食べないと、お腹が減って動けない。」
と思われがちですが食べないほうがパフォーマンスが
あがるというケースも。

これは個人差があるので、絶対ではありませんが
一度試してみるのもおすすめです。

とはいえ、一番のおすすめは
夕食を早く済ますこと。

そうすることで、寝つきもよくなり
翌日心地よい空腹感で目覚めることができます。

(夜遅くの食事は、胃もたれ・消化不良にもつながります。)

\プチ断食のポイント/

  • 夕食を早く済ます

スポンサーリンク

睡眠時間をしっかり確保する

睡眠不足は、食欲増加の原因になります。

徹夜すると痩せるという話もありますが、
実際には痩せるではなく、やつれるです。

そして不健康きまわりない生活習慣。

睡眠をしっかりとることは、ダイエットにも
健康にもとても大切。

私は、普段11時頃に寝て(遅くても12時までに)
朝は6〜7時に起きる生活。

早起きは、1日を有効活用できるし
早寝早起きは、肌の調子もよくなります。

夜型の人で、肌荒れに悩んでいる人は
早寝早起きに変えてみることをおすすめします。

\睡眠時間をしっかりとるポイント/

  • 夜更かしを習慣にしない
  • 11時までに寝るように頑張ってみる

揚げ物は基本的に食べない

食の趣向もありますが、揚げ物は好んで食べません。

たまに、唐揚げや天婦羅が食べたくなる時は
気にせず食べますが頻度でいうと月に2〜3回。

揚げ物は、カロリーが高いのはもちろん
外食などで食べる場合は酸化された油のものが
多いです。

特に、コンビニ弁当やお惣菜の揚げ物は要注意。
油が悪いのに加え、添加物や塩分が多く太りやすい体質に。

▶︎コンビニ食品を食べない方がいい理由
▶︎添加物が太る理由とは?腸内環境の乱れが原因。

揚げ物が食べたい時は、なるべくお家で
少量の油で揚げ焼きのようにして食べるのが
おすすめ。

私のお気に入りは、ココナッツオイルで揚げる
フライドポテト。

フライパンに2cmほどのココナッツオイルを
熱して、好みの太さにカットしたジャガイモを
素揚げします。

仕上げに美味しいお塩を振り掛ければ
簡単に美味しいフライドポテトに。

おすすめレシピなので、ぜひ試してみてください。

\揚げ物を減らすポイント/

  • 外食では揚げ物を避ける。
  • 食べたい時は、ココナッツオイルを使って自分で揚げる。
  • 頻度は月2〜3回までが理想。(最低でも週1回まで。)

良質な脂質をとる

揚げ物はよくないと言いましたが、
脂質は体に必要不可欠な栄養素。

ナッツ・オリーブオイル・ココナッツオイル
アボカドなどから良質な脂質を摂るように
心がけています。

身体にいい良質な脂質は、太るどころか
代謝をあげてくれたり、便秘を改善してくれます。

また肌の乾燥もふせいでくれます。

乾燥肌には、外側からのケア(基礎化粧品など)よりも
内側からのケアが大切。

毎日、良質な脂質をとることを習慣にしているので
私の肌は冬でも乾燥知らず。

クリームいらずで脚やかかともかさつきません。

脂質摂取におすすめな食材

▶︎ ドレッシングは体に悪い?おすすめサラダの食べ方とは?

▶︎ ココナッツオイルの保湿力が素晴らしかった

\良質な脂質をとるためのポイント/

  • サラダ油を使わず料理にはオリーブオイル
  • 間食にナッツを食べる
  • アボカドを食べる
  • ココナッツオイルを活用する

\おすすめ関連記事/

▶︎朝食にアボカドを食べてダイエット
▶︎ココナッツオイルの使い方

たんぱく質をしっかり摂る

太らない体質のためには、たんぱく質は欠かせません。

他にも、筋肉・肌・髪の毛・爪など
身体のあらゆる部分の材料となるのが
たんぱく質。

最低、自分の体重×1gはとるように心がけたいもの。
理想は×1.2gくらい。

私は、大まかな計算でしかしてないけど
1日で50g程度のたんぱく質をとるように
心がけています。

たんぱく質を手軽にとれる食材といったら
やっぱり、

経済的だし、いろんな料理に使えるし
何より栄養価は抜群。

ゆで卵を作っておけば、小腹が減った時や
パパッと済ませたい朝食に重宝します。

他にも、手軽にたんぱく質をとるのにおすすめが
チーズ・ツナ缶・納豆。

ツナ缶はノンオイルのものを選ぶようにしています。

たんぱく質をしっかりとれば腹持ちもよく
間食も減ります。

\たんぱく質をとるためのポイント/

  • 1日で体重×1〜1.2gが理想
  • ゆで卵を上手に活用する

自炊する時は、砂糖を使わない

お家でご飯を作る時は、調味料にもこだわる。

自炊する時は、一切砂糖は使いません。
またみりんやケチャップなど砂糖の入ったものも。

一見ヘルシーに思う和食メニューは、意外と砂糖と塩分がたっぷり。
特に煮物や照り焼きなどはみりんや砂糖を多く使います。

砂糖を控えることが太りにくい体質のために
大切な習慣

そのためにも、お家では砂糖・みりんなど甘みをつけた
料理はしません。
(外食の時は、思いっきり何も気にせず食べたいものを
食べます)

基本は、塩・コショウ・ハーブで味付け。
シンプルな味付けが一番美味しく感じます。

\砂糖を使わないためのポイント/

  • ハーブや薬味を活用する
  • シンプルな味付けに慣れる(塩・コショウなど。)

スポンサーリンク

コンビニ食品・ファーストフードは食べない

作るのが面倒なときにも、コンビニやファーストフードには
頼らない。

コンビニ弁当やファーストフードはは、
添加物が多く、高カロリー高脂質な食事になりがちに。

またファーストフードなどは、一度食べれば
また食べたくなる中毒性が高いもの。

手軽で利用しやすいかもしれないけれど
太らない体質には、コンビニ・ファーストフードは
一切食べないことがおすすめ。

\コンビニ食品を食べないためポイント/

  • 作り置きを活用
  • コンビニに立ち寄る癖をやめる

お腹が減ってから食べる

「12時になったからランチ」といったように
時間を基準に食事をしていませんか?

私は、時間に関係なく
「お腹が減ってから食べる」ことを
習慣にしています。

朝も絶対に食べたほうがいい!なんてことは
なく、お腹が減ってたら食べるし減ってなかったら
食べない。

大切なのは、本当にお腹が減ったことを
感じること。

これは食べてからも一緒で、お腹いっぱいなのに
ついつい食べ過ぎてしまうという人は、
「本当にまだお腹が減っているか?」と
問いかけてみて。

\お腹が減ってから食べるポイント/

  • 時間がきたらから食べるという考えは捨てる
  • 食べる前に、本当にお腹が減ってるか自分に問いかける

太らないための習慣のまとめ

長くなりましたが、これらが私が太らない体質作りの
ために習慣にしていること。

全部をすぐに習慣にするのは難しいけど
水をしっかり飲む、コンビニ食品をやめる
など、できることから始めてみてくださいね。

 

 

sponsored link