ストウブ22cmが便利!1〜2人暮らしにもおすすめ

わたし

お鍋一つでここまで味が変わるなんて衝撃でした。

ということで、ストウブを購入してこれまで以上にお料理が楽しくなってきているこのごろです。

正直、調理器具で味が劇的に変わる!なんてことないでしょって思ってたら、そんなことありました。

なんでもっと早く買わなかったんだ〜って思ってしまうくらい。

とにかく買って大満足。

そしてこれからストウブを買おうか悩んでいる方にお伝えしたい。

お料理が好きなら絶対に買うべきお鍋です。

ということで、一人暮らしや二人暮らしの方におすすめなストウブ22cmの使用レビューについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ストウブ22cmが一人暮らしやカップルにおすすめな理由

この度、一人暮らしの私が購入したのはココットラウンドブラック22cmです。

ストウブの商品の中でも売れ筋のサイズ・形。(ちなみに色は飽きのこないブラック。)

結果的に22cmのストウブを買って大正解で大満足しています。

その理由は、

  • 大きすぎず小さすぎない
  • 作り置きに便利なサイズ
  • 2合のご飯も問題なく炊ける
  • 3〜4人の料理にも対応してくれる

 

といっても購入する時は、どのサイズにするかとても悩みました。

候補に挙がっていたのは、

  1. ココットラウンド20cm
  2. ココットラウンド22cm(←こちらを購入)
  3. ココットラウンド24cm

この3択でした。

24cmのストウブは、3〜5人向けで1人暮らしには大きすぎる。
またキッチンのスペースを考えると料理する時に場所をとるというデメリットも出てくるので却下。

(大は小を兼ねるというから少し悩んだ。)

20cmのストウブは、1人暮らしには十分な大きさでコンパクト。
理想的なサイズです。
でもここで思ったのが、『せっかくストウブを買うならスープやカレー、煮込み料理をたっぷり作りたい!』ということ。

だったら22cmが丁度いいのではないかと思い、悩んだ末22cmのストウブを購入することに決定しました。

実際に使ってみたら、スープや煮込み料理は2〜3日分まとめて作れてとても便利。

ご飯もいつも一度に2合炊くのですが、問題なく(そしてとても美味しく)炊くことが出来ました。

また3〜4人分の量も一度に作れる大きさでもあるので、誰かを招いての食事の時も困りません。

ということで、最初に購入するストウブのサイズは1〜2人でも22cmをおすすめします。

4人以上の家族なら、カレーなどを作ることを考えたら24cmの容量がおすすめ。

私の場合、2個目には20cmのものを買おうと検討しています。


スポンサーリンク

ストウブ22cmで発芽玄米を炊きました。

普段は土鍋を使って炊いているご飯を、ストウブで炊いてみました。

初めてだったので火加減が少し難しかったですが無事美味しく炊けました。

ふっくらと炊き上がった玄米は冷めてもパサつかずにもっちり。

(土鍋で炊くのも十分に美味しいので、正直どちらも大差はありませんでした。)

2合の場合、お水360ml〜400ml。

強火で10分(グツグツとしっかり沸騰させる)、弱火で15〜20分。
10分蒸らして出来上がりです。

(お米によって水・火加減は変わってくるので注意)

ちなみに私は無農薬の発芽玄米を買うようにしています。

発芽玄米だと浸水させる時間も短いし、白米のように炊く事が出来るので便利です。

created by Rinker
お米のなかしま
¥4,980 (2019/12/06 21:32:12時点 Amazon調べ-詳細)

ストウブ22cmで激ウマ野菜煮込みを作りました。

ストウブで最初に作ったのがこの野菜煮込み。

もうね、これが自分で作ったくせにめちゃくちゃ美味しくて感動したのです。

ストウブの凄さを知った瞬間でした。

調味料は塩だけ。なのに、野菜の甘みと旨みがギュッと濃縮されて何とも言えない美味しさ。

その理由は、密閉性の高さにあるようです。

ただ切って煮込んだだけでここまで美味しく仕上げてくれるなんて、ストウブがあれば誰でも料理上手になれちゃいますね。

簡単なのに美味しすぎる野菜煮込みの作り方

ニンニクと好きな野菜を小さく切ってオリーブオイルで炒めます。

  • キャベツ
  • 人参
  • 玉ねぎ
  • セロリ
  • ピーマン
  • しめじ
  • ドライトマト(←旨みが出ておすすめ)

ローリエと塩を適量入れてあとは蓋をして弱火で煮込む。

※水は一切入れません。

30〜40分くら煮込めばこんなにカサが減りました。

あとはお好みのクタクタ加減になるまで煮込んで出来上がりです。

私はレンズ豆も入れました。

豆類を入れるとボリュームが出るし、たんぱく質もとれるのでおすすめ。
食べ応えが出て、これにパンをつければ立派なランチにも。

おすすめの材料

created by Rinker
カゴメ
¥1,224 (2019/12/05 23:57:00時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
アリサン
¥745 (2019/12/05 23:57:00時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
アルチェネロ
¥1,818 (2019/12/05 23:57:01時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

ストウブならお肉も柔らかくなりました。

カレーと玄米の組み合わせが大好きです。

このカレーもストウブを使ってコトコト煮込みました。

大阪にあるインデアンカレーのような甘辛いカレーが作りたかったので、こちらのレシピを参考にさせていただきました。

Cpicon 大阪インデアンカレー風 甘くて辛いカレー by 三田のお父さん

市販のルウを使わずに美味しく出来上がって大満足。

油・小麦粉も控えめに作ったので、サラッとしたルウで胃もたれしません。

そしてお肉がびっくりするくらい柔らかく仕上がっていてびっくり。

オーストラリア産の赤身肉もパサつくことなく、ほろほろ柔らか〜く。

ちなみに使ったカレー粉はこちら↓です。

created by Rinker
インデアン食品
¥1,400 (2019/12/06 21:32:12時点 Amazon調べ-詳細)

ストウブ22cmがあれば料理が楽しくなる

Processed with VSCO with b1 preset

買ってからというもの毎日何を作るか考えるのが楽しみで仕方がない。

ストウブのおかげで、お家で美味しい料理が食べれて幸せです。

ということで、今ストウブを買おうか悩んでいる方に言いたい。

買って損は無い素晴らしいお鍋です、ぜひ買ってお料理を楽しんでください。

ちなみに私はストウブを使ったレシピ本も何冊か買いました。

どれも簡単なのに美味しそうで、何から作ろうか悩んでいます。

created by Rinker
¥1,375 (2019/12/06 21:32:13時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,210 (2019/12/05 23:57:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.