バターが常温保存できる便利アイテム「バタークロック」って?

朝はパン派という方、必見!

バターを常温保存できる「バタークロック」をご存知ですか?

これがあれば「バターが固すぎてパンに塗りにくい」という悩みも解決。

丁度いい柔らかさを保ってくれて、塗りやすくストレスフリー。

さらにバターの香りも感じやすくなるため、トーストもいつもより美味しく感じるかも!

スポンサーリンク

バターを常温保存出来る「バタークロック」って?

↑がバタークロック(バターベルとも言われる)という常温でバターを保存できる容器です。

なおかつ、パンに塗りやすい絶妙な固さをキープしてくれるという優れもの

バタークロックは冷蔵庫がなかった時代ににフランスで発明されたもので、昔からヨーロッパでは愛用されていたそうです。

これにバターをいれておけば、冷蔵庫にいれる必要がなく、毎朝塗りにくいカチカチバター問題(←特に冬場)は解決です(笑)

created by Rinker
ル・クルーゼ(Le Creuset)
¥36,783 (2022/06/25 12:23:58時点 Amazon調べ-詳細)

↓こんな感じでバターを詰めて使います。

スポンサーリンク

バタークロックの使い方

(画像元サイト:https://www.butterbell.com

バタークロックを使えば、約1ヶ月常温でバターを保存することができます。

使い方は、いたって簡単。

持ち手がついている方の容器に隙間なくバターを押し込みます。

もう一方の容器には新鮮な水をいれておきます。

水の量は、大体バターを入れた方の容器と合わせた時にに2/3程度のカサになるくらいまでが目安です。

容器内に水を張る事で、バターが空気に触れることなく、常温で新鮮に保存することができる仕組みになっています。

水は2〜3日に1回は取り替え、新鮮な状態を保ちます。

注意点

バターを容器に入れる時は空気が入らないように隙間なく詰め込むことが大切です!
そうすることで、常温でもバターを新鮮に保存することができます。

しっかり詰め込まず隙間があると、取り出す際にバターが塊ごと落ちてしまうこともあるので注意です。

私が使っているバタークロックは、約100gのバターをいれることができました。

詰め込んだあとは、こんな感じです。
スプーンの背などを使って、バターを押し込むように容器にいれるのがコツ。

スポンサーリンク

まとめ バターをベストな状態でキープできる便利アイテム

毎日、またはよくパンとバターを食べる!という人にはぜひ使って欲しい便利アイテムです。

一度このバターの塗りやすさを味わってみてください♪

オンラインで買えるバタークロック

created by Rinker
ル・クルーゼ(Le Creuset)
¥36,783 (2022/06/25 20:10:03時点 Amazon調べ-詳細)

人気キッチンブランドの「ルクルーゼ」から発売されています。
鮮やかな色で、食卓やキッチンが華やかに。

created by Rinker
Norpro
¥2,707 (2022/06/25 12:23:58時点 Amazon調べ-詳細)

シンプルでクラシックなデザインのバターキーパー。
値段もお手頃です。

Norpro バターベル Butter Keeper (日本語説明書及び、常温にバターを戻すレシピ付)【食衛法 食品輸入届済 正規品】 (大理石 マーブル)
Norpro

私が愛用しているマーブル柄陶器のバターキーパー。
ずっしりとした重みがあります。

ぜひお気に入りのバターキーパーを見つけてくださいね。