食べる瞑想「マインドフルネスイーティング」がダイエットに効果的

最近知った「食べる瞑想=マインドフルネス・イーティング」という言葉。

食事に全力集中して、五感を使い観察していきます。

普段ついつい食べ過ぎてしまう人や、ながら食べをすることが多い人におすすめ。

やってみると、食べ過ぎることがなくなったり新たな発見がありました。

食べる瞑想「マインドフルネス・イーティング」で食べ過ぎ防止

目の前の食事だけに集中することで、食べ過ぎを防ぎダイエットに効果的です。

それこそが、"食べる瞑想"=マインドフルネス・イーティング。

五感を全て使い、深く自分自身を観察しながら食事をしていきます。

そのため、テレビやスマホを見ながらの「〜ながら食べ」はNG。

まずはテレビを消し、スマホは自分から遠ざけ目の前の食事に集中してみましょう。

食べる瞑想(マインドフルネス・イーティング)による効果は、

  • 食べ過ぎを防ぐ。
  • 食事の量が自然に減る。
  • 消化促進。
  • 食生活が改善される。

といわれています。

栄養・行動学の分野で有名なワンシンク博士も、食事に集中することでの効果を提言されています。

▼ワンシンク博士のおすすめ書籍▼

created by Rinker
¥5,454 (2020/09/28 05:03:47時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

食べる瞑想「マインドフルネス・イーティング」をするべき人

  • 10分くらいで食事を済ましてしまう。
  • テレビを見ながら食事をする。
  • スマホを触りながら食事をする。
  • 気づいたら「こんなに食べていた!」ということがある。

これらは全て食事に集中していない証拠です。

食べ過ぎてしまうことが多い人は、食べる瞑想「マインドフルネス・イーティング」をやってみてはいかがでしょうか。

食べる瞑想「マインドフルネス・イーティング」のやり方

時間をかけて食事を五感で味わうのが食べる瞑想の基本です。

最初は、食べる瞑想をより実感するためにもアーモンド1粒やチョコレートなどからスタートするのをおすすめします。

(もちろん、初めから普段の食事で実践でもかまいません。)

①食べる前にじっくり観察する

口に入れる前から食べる瞑想は初めっています。

まずはじっくりと観察。

香りを嗅いでみたり、触ってみた感覚、どんな色か、表面は凸凹か、など。

普段の食事では、こんなことしないと思うので少し違和感を感じると思います。

が、実際にやってみると今まで気づかなかった発見があったりします。

(普段食べているチョコレート、実は表面がギザギザだったとか。)

食べる前に視覚を使いじっくり観察してみましょう。

②口に入れて、さらに観察。すぐに飲み込まない!

口の中に入れてもすぐに噛まず、入ってきたときの感覚を感じ取ってみます。

柔らかいのか、硬いのか。

噛む前にどんな味を感じるのか。

口に入れると同時に、すぐに噛んでしまいそうになりますが、グッと我慢。

時間をかけて口の中で転がし、観察してみます。

噛まない、飲み込まない、まずは口の中で転がしてみよう。

③噛んでゆっくりと味わう

ここまできて、ようやく食べ物を噛んで味わいます。

ただし、まだ飲み込まず「どんな味がするのか」だけに集中

感じるのは、甘み、酸味、苦味?

噛んでいるうちにどのように味が変化するか。

香りはどんな風に感じるのか。

しっかりと観察できたら飲み込む。

飲み込む時も、喉通りはどんな感覚なのか。

ここまでの過程をゆっくりと時間をかけて、感じ取ります。

噛みながらも観察、飲み込む時も観察。

かける時間は最低5〜10分

①〜③の過程を、最低5〜10分はかけて行っていきます。

(本来の推奨されているのは、15〜20分と長いようですが。)

たった一口に、こんなに時間をかけるの?と思いますよね。

実際やってみるとなかなか簡単ではないものの、今までやったことがない分面白かったです。

食べる瞑想「マインドフルネス・イーティング」のダイエット効果

  • 食べる量が少なくなった。
  • 今まで食べてきたものなのに、新しい発見があった。
  • ゆっくりと味わう大切さが分かった。

実際に、アーモンド1粒で練習してみてから、普段の食事にも取り入れ1週間やってみました。

毎回の食事に取り入れるのは、正直なところ結構大変。

仕事中のランチでは、できないこともありました。

でも、食べる瞑想(マインドフルネス・イーティング)による効果は満足。

私の場合は、明らかに食べ過ぎることが減りました。

また「よく食べていたものなのに味わってみるとこんな味もするんだな〜」とか、食感の変化、舌触りなど新しい発見もたくさん。

普段いかに自分が「ながら食べ」することが多く、食事に集中していなかったかを実感。

食事に集中していないと、食べ過ぎたりせっかくの美味しさを見逃してしまいがちなんですね。

食事する時は食事にしっかりと向き合う大切さを知ることが出来て良かったです。

スポンサーリンク

おわりに

気づいたらたくさん食べていた、とか
瞑想に興味がある、という人はぜひ試してほしい食べる瞑想(マインドフルネス・イーティング)。

今まで気づかなかった発見や、食事に集中することの大切さを知るのにおすすめです。

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.