瞑想がダイエットに効果的って本当?

ダイエットを成功させるために効果的なのが、瞑想。

食べる瞑想」というもので、目の前の食事だけに集中するという意味。

マインドフルネスとも言われています。

ついつい食べ過ぎてしまうことが多いという人は、食べる瞑想がおすすめです。

食いしん坊な私は食べ過ぎてしまうことがよくあるので、今回「食べる瞑想(マインドフルネス・イーティング)」に挑戦してみたので効果を紹介します。

スポンサーリンク

瞑想がダイエットに効果的?(マインドフルネス・イーティング)

食事中、とにかく目の前食事だけに集中。

五感を全て使って観察しながら食事をする。

これが、食べる瞑想=マインドフルネス・イーティング。

普段、テレビを見ながら、スマホを触りながら食事をしていませんか?

「〜ながら食べ」はダイエット中にはおすすめできません。

以下に当てはまる人は、食べる瞑想をすることでダイエットに効果的です。

食べる瞑想(マインドフルネス・イーティング)は、

  • 食べ過ぎを防ぐ。
  • 食事の量が自然に減る。
  • 消化促進。
  • 食生活が改善される。

ダイエットに効果的です。

栄養・行動学などの分野で有名なワンシンク博士も、食事に集中することの大切さを実証しています。

▼ワンシンク博士のおすすめ書籍▼

スポンサーリンク

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

食べる瞑想はこんな人におすすめ

  • 10分くらいで食事を済ましてしまう。
  • テレビを見ながら食事をする。
  • スマホを触りながら食事をする。
  • 気づいたら「こんなに食べていた!」ということがある。

これらは全て食事に集中していない証拠です。

スポンサーリンク

ダイエット中の食べる瞑想の方法

時間をかけて食事を五感で味わうのが食べる瞑想のやり方です。

食べる前にじっくりと観察する

口に入れる前に、まずは食べるものをじっくりと観察。

香りを嗅いでみたり、触ってみた感覚、どんな色か、表面は凸凹か、など。

普段の食事では、こんなことしないですよね。

でも、これが食べる瞑想の最初にすること。

食事が用意出来たらすぐに口に運ばないで、視覚を使いじっくり観察していきます。

口に入れて、さらに観察

口の中に入れてもすぐに噛まず、入ってきたときの感覚を感じ取ってみる。

柔らかいのか、硬いのか。

噛む前にどんな味を感じるのか。

口に入れると同時に噛んでしまいそうになりますが、ここもグッと我慢してゆっくりと観察していきます。

噛んでゆっくりと味わってみる

ここでようやく食べ物を噛んで味わいます。

すぐに飲み込まずに、「どんな味がするのか」だけに集中

最初に感じるのは、甘み、酸味、苦味?

噛んでいるうちにどのように味が変化するのか。

香りはどんな風に感じるのか。

しっかりと観察できたら飲み込む。

ここでもまた飲み込むときの喉通りは、どんな感覚なのか。

ここまでの過程をゆっくりと時間をかけて、感じ取ります。

かける時間は最低5〜10分

食事が用意出来てから、一口目を飲み込むまで最低5〜10分はかけるのが食べる瞑想です。

(本来の推奨されているのは、15〜20分と長いようです。)

これら食べる瞑想の過程は実際にやってみると結構難しいですが、頑張って下さい。

食べる瞑想のダイエット効果は?

  • 食べる量が少なくなった。
  • 普段よりも食事がおいしく感じた。
  • ゆっくりと味わう時間の大切さが分かった。

実際に、食べる瞑想(マインドフルネス・イーティング)をしてみた結果、ダイエットの効果はかなり高め。

思っていたよりも難しく少し大変でした。

でも、今回食べる瞑想をしてみて日頃の食事がいかに集中していなかったということに気づきました。

テレビはつけない、スマホを触らない、ただひたすら食事に集中する。

これって意外と難しいんです。

でも、食べる瞑想を実践することでダイエット効果をしっかりと実感。

いつもより食事量が減り、食べ過ぎることがなくなりました。

スポンサーリンク

食べる瞑想はダイエットに効果的

いつのまにか食べ過ぎてしまう人や、ダイエットを成功させたい人には食べる瞑想がおすすめです。

初めから、毎食食べる瞑想を行うのはちょっとハードルが高いので1日1食から取り入れてみると上手くいきます。

瞑想は、ダイエット効果はもちろん、今まで気付かなかった食材の味や香りに気づけるいい機会。

ぜひ試してみてくださいね。

 

sponsored link