枝豆ダイエットのやり方・効果

枝豆が大好きな人におすすめしたい、枝豆ダイエット。

枝豆は茹でるだけで美味しく食べれて、低糖質で高タンパク質。

ダイエット中におすすめな食材です。

ちなみに私は少し太ったなと思った時によく枝豆ダイエットをします。

効果は高く、主食に置き換える方法なら1週間で1.5kgの減量に成功しました。

(ただし、1週間も枝豆を食べ続けると少し飽きちゃいます。)

では、枝豆ダイエットのやり方について詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

枝豆ダイエットのやり方

わたしがおすすめする枝豆ダイエットの方法は、

  • 主食を枝豆に置き換える
  • 間食を枝豆にする
  • お酒のおつまみを枝豆にする

この3つがおすすめです。

効果がある枝豆ダイエット

一番効果的なのは、主食を枝豆に置き換える方法。

  • お茶碗1杯のご飯 約252kcal
  • 枝豆1袋(約200g)約150kcal

こうやって比べてみると、普段のご飯を枝豆に置き換えるだけで約100kcalを減らすことが可能です。

ちなみに100kcal消費するにはウォーキング30分が目安。

特に夕食のご飯を枝豆に置き換えるのがおすすめ。

お酒のおつまみにもなり、総摂取カロリーは無理なく減らすことができます。

スポンサーリンク

間食は甘いものをやめて枝豆にする

次に効果があるのが、間食を枝豆にする方法。

普段、チョコレートやクッキーなど甘いものを食べている人には、それらを枝豆に置き換えると効果抜群。

甘いものは、糖質が多くタンパク質は少なめ。枝豆は、高タンパク質で糖質が低く太りにくい食べ物。

これを間食に食べることで、ダイエットに役立ちます。

(*ダイエット中はタンパク質をしっかり摂ることが大切です。)

おつまみは揚げ物ではなく枝豆に

居酒屋などでお酒のおつまみに唐揚げやポテトフライを食べる代わりに枝豆を食べましょう。

これだけで摂取カロリーをグンと減らすことができます。

揚げ物は高カロリーで太る原因になるだけでなく、腸内環境を悪くさせ健康・美容にもよくありません。

ダイエット中にはもちろん、健康のことを考えれば唐揚げよりも枝豆。

他にも、冷奴やスティック野菜もお酒のおつまみとしておすすめです。

枝豆を上手に活用してダイエットを成功させる

枝豆ダイエットは、比較的効果が出やすく、1週間くらい続ければ1.5kgの減量ができました。

ですが、ダイエットにおすすめだからといって食べすぎは禁物。

1日1袋(200g)程度を目安に、主食や間食として食べるようにしましょう。

枝豆は高タンパク質で低糖質、美容効果もありダイエット中にぴったりな食材です。

旬の季節以外にも、スーパーでは手軽に冷凍枝豆が手に入るのも枝豆ダイエットがおすすめなところ。

辛い空腹感に悩まず出来る枝豆ダイエット、ぜひ試してみてくださいね。

 

sponsored link