過食嘔吐で顔が大きくなる・腫れるはホント?(写真付き)

ダイエット依存症から摂食障害へ。

「食べたいけど、太りたくない。」という気持ちが過食嘔吐へ繋がります。

この過食嘔吐を続けていると、顔が大きくなる・パンパンになる、エラがはるという話は、本当なのでしょうか?

また過食嘔吐をやめれば、顔の腫れやエラ張りは元に戻るのでしょうか?

体験談をもとに、ビフォーアフターの写真と一緒に紹介します。

過食嘔吐による顔の大きさの変化

これが私のビフォーアフター。

左は過食嘔吐を繰り返していた時期の写真。

右は最近の写真で、過食嘔吐をやめてから3年後くらい。

今の方が体重は5kgも増えているにも関わらず、随分すっきりしているのが分かります。

当時の写真を見返すと、全身写真は細いな〜と思うけど顔だけのアップ写真を見ると今より太って見えます。

当時は足とか棒みたいにカリカリです。

過食嘔吐で顔が大きく・パンパンになる原因

それは、

  • むくみ
  • 唾液腺の腫れ
  • エラ張り

この3つが理由。

過食嘔吐を日常的に続けると、顔が大きく見える・パンパンになるという話。

私のビフォーアフターを見ても分かるようには本当で、

「体は細いのに、顔だけ大きい」

というアンバランスなスタイルです。

スポンサーリンク

過食嘔吐で顔がむくむ

短期間で大量の食べ物を詰め込む過食は、むくみの大きな原因。

過食嘔吐をしてしまう時って、だいたいが普段我慢している食べ物。

油っこいものや、塩辛いもの、また糖質が多いもの。

一気にこのような食べ物が身体に入ることで、体内の水分バランスがおかしくなりむくみます。

過食嘔吐で唾液腺の肥大し顔が腫れる

たくさん食べて、すぐに無理やり吐く行為は、過剰な唾液の分泌になり唾液腺が腫れます。

これが原因で、顎周りのラインがボテっと腫れたようになり、顔が大きく見える原因に。

これは、過食嘔吐をする限り治ることはありません。

ストレス食いによりエラが張る

過食嘔吐は、ダイエット中の食べれないストレスから引き起こしやすいもの。

がむしゃらに目の前の食べ物を食べ続ける行為は、普通の食事よりも強く咀嚼しがち。

また普通以上に食べる量も多くなったり、噛む回数が増えることでエラの筋肉(咬筋)が発達してしまいます。

それによりエラが張り、顔が四角い形になり大きく見える原因になります。

過食嘔吐を克服すれば顔も戻る

最初の写真を見てもらっても分かるように、過食嘔吐をやめることができたら自然と元の顔の大きさに戻りました。

過食嘔吐の期間や個人差によって変化は様々ですが、過食嘔吐をやめることが一番の解決策。

過食嘔吐をやめるということは簡単ではないのは経験済み。

でも、もしも辞めたいという気持ちがあるなら

「毎日を二日に一回にする。」「週5回から2回にする。」と少しずつでも減らしていってみましょう。

過食嘔吐は顔の変化以上に、身体への負担がとても大きいです。

自分の身体を否定せずに、受け入れてあげることが克服への一番の近道。

過食嘔吐による顔の変化にお悩みの方に、少しでも参考になれたら嬉しいなと思います。

*これからも過去のダイエット依存症・摂食障害について記事を更新予定*

 

 

 

sponsored link