過食嘔吐で顔が大きくなる・腫れるはホント?(写真付き)

ダイエット依存症から摂食障害へ。

「食べたいけど、太りたくない。」という気持ちが過食嘔吐へ繋がります。

この過食嘔吐を続けていると、顔が大きくなる・パンパンになる、エラがはるという話は、本当なのでしょうか?

また過食嘔吐をやめれば、顔の腫れやエラ張りは元に戻るのでしょうか?

体験談をもとに、ビフォーアフターの写真と一緒に紹介します。

スポンサーリンク

過食嘔吐による顔の大きさの変化

これが私のビフォーアフター。

左は過食嘔吐を繰り返していた時期の写真。

右は最近の写真で、過食嘔吐をやめてから3年後くらい。

今の方が体重は5kgも増えているにも関わらず、随分すっきりしているのが分かります。

当時の写真を見返すと、全身写真は細いな〜と思うけど顔だけのアップ写真を見ると今より太って見えます。

当時は足とか棒みたいにカリカリです。

過食嘔吐で顔が大きく・パンパンになる原因

それは、

  • むくみ
  • 唾液腺の腫れ
  • エラ張り

この3つが理由。

過食嘔吐を日常的に続けると、顔が大きく見える・パンパンになるという話。

私のビフォーアフターを見ても分かるようには本当で、

「体は細いのに、顔だけ大きい」

というアンバランスなスタイルです。

スポンサーリンク

過食嘔吐で顔がむくむ

短期間で大量の食べ物を詰め込む過食は、むくみの大きな原因。

過食嘔吐をしてしまう時って、だいたいが普段我慢している食べ物。

油っこいものや、塩辛いもの、また糖質が多いもの。

一気にこのような食べ物が身体に入ることで、体内の水分バランスがおかしくなりむくみます。

過食嘔吐で唾液腺の肥大し顔が腫れる

たくさん食べて、すぐに無理やり吐く行為は、過剰な唾液の分泌になり唾液腺が腫れます。

これが原因で、顎周りのラインがボテっと腫れたようになり、顔が大きく見える原因に。

これは、過食嘔吐をする限り治ることはありません。

ストレス食いによりエラが張る

過食嘔吐は、ダイエット中の食べれないストレスから引き起こしやすいもの。

がむしゃらに目の前の食べ物を食べ続ける行為は、普通の食事よりも強く咀嚼しがち。

また普通以上に食べる量も多くなったり、噛む回数が増えることでエラの筋肉(咬筋)が発達してしまいます。

それによりエラが張り、顔が四角い形になり大きく見える原因になります。

過食嘔吐を克服すれば顔も戻る

最初の写真を見てもらっても分かるように、過食嘔吐をやめることができたら自然と元の顔の大きさに戻りました。

過食嘔吐の期間や個人差によって変化は様々ですが、過食嘔吐をやめることが一番の解決策。

過食嘔吐をやめるということは簡単ではないのは経験済み。

でも、もしも辞めたいという気持ちがあるなら

「毎日を二日に一回にする。」「週5回から2回にする。」と少しずつでも減らしていってみましょう。

過食嘔吐は顔の変化以上に、身体への負担がとても大きいです。

自分の身体を否定せずに、受け入れてあげることが克服への一番の近道。

過食嘔吐による顔の変化にお悩みの方に、少しでも参考になれたら嬉しいなと思います。

*これからも過去のダイエット依存症・摂食障害について記事を更新予定*

 

 

 

6 COMMENTS

酒井優

私は過食嘔吐を約2年繰り返しています。今、1番体重が低い状態ですが顔だけ大きく見えると言われます。昨日はうまく吐けず、朝から夕方まで泣きながら指を突っ込み続けました。でも本当にそれが辛くてもう過食嘔吐はやめようと思いました。本気で頑張って顔の浮腫もとりたいですし、美味しく楽しく自分のペースで食事ができるようになります。勇気と希望を与えてくださり有り難うございました。

返信する
around30

コメントありがとうございます。
私も同じような時期は、すごく辛かったし、しんどかったです。
「少しでも食べすぎたら、吐かないと・・」との戦い。
いつまでこれが続くんだろうと私も何回も泣きました。
でも、時間はかかったけど今は健康的な食いしん坊になっています(笑)
少しでも体と心が楽になるように、頑張りすぎずゆっくりと食事を楽しめるようになっていってもらえたら嬉しいです。
こちらこそ、このように誰か一人にでもお力になれたことがとても嬉しく感謝しております。
ありがとうございます。
そして心から楽しい食事を送れるようになることを祈っております。

返信する
酒井優

ブログを拝見してコメントをお返しいただいてから、1週間過食嘔吐をしませんでした。1週間だけでも浮腫もいつもと全然違くてとても嬉しかったです。ですが今までずっと過食嘔吐でストレスを発散していた私なので、急に発散する場所がなくなってしまいまた5日ほど過食嘔吐を繰り返しています…1日に3回していた過去に比べて1日に1回になったので良くはなっているかなと思っています。しかし今日また一切吐けずに泣きました…同じことの繰り返しです。とても恥ずかしいです。
過食嘔吐を克服する上で食に対する考え方など何かアドバイス頂けませんか?よろしくお願いします。
返信の中にあった「健康的な食いしん坊」という言葉がとても好きです。私の憧れです。

返信する
around30

こんにちは。1週間とはすごいですね。
むくみ、かなりマシになるし体も楽だったと思います。
せっかく辞めれたのに、また過食嘔吐をしたとしても、全然恥ずかしいなんて思わないで大丈夫です。
私も、その繰り返しで少しずつ良くなっていきました。
確実に前に進めているし、そのお話を聞けてとても嬉しいです。
今まで習慣のようにやっていたことを、ピタッと止めれるなら誰も悩みを抱えないはずですし。
克服して5年以上経っている私でも、またしてしまうかもしれないと思う時もあります。
だから、たとえ今日や明日、また過食嘔吐してしまってもネガティヴになりすぎないでくださいね。
泣きたかったら泣いても大丈夫。それもいいストレス発散になるはずです。
私が克服する時に役だったなと思った1つは、外で自分が食べたいものを食べることです。
(今はコロナで外食がなかなか難しいですが。)
外で食べると、吐きたいと思ってもお家のようにいきません。
(半ば強制的に吐かずに食べきる環境に自分を置く)
人に作ってもらったものを感謝して味わって美味しいと思って食べきることで、
今まで過食嘔吐の時しか食べれなかったものが、美味しく食べきれる自信につながりました。
その繰り返しでどんどん食べることの恐怖から離れていくのは、私は効果があったなと思っています。
あとは、ポジティブになれる本とかを読んだりして、考え方を変えていくこともおすすめです。
(すぐに思い浮かばず、ごめんなさい。思い出したら、ここに追記します。)
私も過食嘔吐でストレス発散をしていたので、お気持ちすごく分かります。
これからも焦らずに、少しずつでも回数を減らしていけたら自分は成長している、克服している、良くなっているとポジティブに考えてくださいね。
嬉しいコメントを頂きありがとうございます。
優さんの心と体が少しずつでも楽になっていくのを心から祈っています。

返信する
酒井優

お返事有難うございます。
たしかに過食嘔吐の時を思い返してみるとスーパーで半額になったパンや、コンビニで適当に買い漁った物を食事するのではなく、ただ詰め込むだけの作業だったなと思います。人に作ってもらって感謝して食事するという気持ちはなかったです…少し高くてもそこにはきっと意味があると思うので外食に行ってみようと思います。今までの過食代がとても無駄に感じます…。
それからまた何日か過食嘔吐をしない日が続いていて少しほっとしています。私にとってとても心強い存在です。有り難うございます。
自分の事を認めて許してあげられる、自分に優しくしてあげられるようにゆっくり頑張ってみようと思います。
過食嘔吐の衝動に駆られた時は一度深呼吸をしてaround30様からのメッセージを読み返すようにします。

around30

こんばんは。
お返事が遅くなり申し訳有りません。
ぜひ感謝して味わって食事を実践してみてくださいね。
少しずつ過食嘔吐をしない日が増えるだけで大きな前進です。
優さんのおっしゃる通り、ゆっくり頑張ることが克服するのに一番です。
焦らず自分を責めず、また過食嘔吐をしたとしてもその日までしなかった自分を褒めてあげてくださいね。
優さんにとって少しでもお役に立てる存在であれば、とても嬉しいです。
コメント頂きありがとうございます。
私もこのメッセージで元気付けられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.