プロテイン入りオートミールで、よりヘルシーな朝食に。

オートミールは栄養価の高い炭水化物。

でもオートミールだけでは、たんぱく質があまり摂れません。
また、腹持ちがいいと言われるオートミールですが、実際のところはどうですか?

グラノーラやミューズリーを朝食に食べても、お昼前には空腹になったりしていませんか?

そこで、たんぱく質がしっかり摂れて、腹持ちも良いプロテインオートミールボウルを朝食におすすめします。

朝食として食べれば、午前中の満腹感をキープしてくれるので、無駄な間食も減りダイエットにもおすすめ。

海外のヘルシーライフを送る人たちの中でも今人気のプロテイン入りオートミールレシピを紹介します。

スポンサーリンク

プロテインオートミールボウルのレシピ

この「プロテインオートミールボウル」を作ったきっかけは、Instagramでフォローしている海外のヘルシーライフを送る方の投稿。

こちら▼

 

この投稿をInstagramで見る

 

Leanne Whistance-Smith(@leanneliveshealthy)がシェアした投稿

参考にさせていただき、作ってみたらすごく美味しくて、それ以来毎日のようにこのプロテインオートミールボウルを朝食に食べています。

私のInstagramはこちら→@ayakorganic_jpn(フォローお待ちしてます。)
参考にさせていただいた方→@leanneliveshealthy

わたし

プロテインオートミールボウルの仕上がりは、ねっとり、クリーミーな食感が特徴です。

スポンサーリンク

プロテインオートミールボウルの材料

まずベースとなる基本の材料は

分量は、目安として参考にしてください。
特に、プロテインは各メーカーや種類によって違うので、摂りたいたんぱく質量に調整してください。

トッピングに使う材料は(これは無くても大丈夫。)

  • 果物(ドライフルーツでも)
  • ナッツ
  • ひまわり・かぼちゃの種
  • クコの実
  • ココナッツフレーク
  • ピーナッツバター

分量は適量。
果物とナッツはあった方が好ましいです。(美味しいし、腹持ちも栄養バランスもよくなる)
他のものは、あくまでも私の好みなので無くても問題ありません。

でもピーナッツバターはあったら、すごく美味しい(笑)

▼おすすめ記事▼
【iHerb】おすすめピーナッツバター(無糖・オーガニック)
ピーナッツバターのカロリーと糖質【無糖と砂糖入りの違いは?】
セロリにピーナッツバターでヘルシーおやつ

わたし

全ての材料は、果物以外アイハーブ・楽天・Amazonで揃えています。

楽天ROOMに載せているので良ければ参考にしてください。

アイハーブで買っている商品もリンクを貼っておきます。

ココナッツフレーク
ピーナッツバター(無糖・無添加のものがおすすめ)
プロテインパウダー

\ぜひお使いください/
アイハーブ商品購入の際に、紹介コードCAK1079 
を使えば初回10%OFF/リピーター5%OFFになります。
(私にも割引が適用され、今後もたくさんの商品を購入し紹介する励みになります…)
アイハーブ公式サイト
次に作り方ですが、
  1. 火にかけてオートミールを調理してからプロテインを加える
  2. オーバーナイトオーツにプロテインを加える

2通りの作り方があります。
1の方がクリーミーで私は好き。
2の方だと、夜に混ぜ合わせて朝食べるだけなので、手間がかからず楽チンです。

(お好み、またはどちらも試してみてください。)

スポンサーリンク

プロテインオートミールボウルの作り方①

①オートミール30〜40gとミルク(お水でも可)を小鍋に入れて火にかける。
(ミルク100%、水:ミルク=5:5、水100%どれでもOK。ミルク100%が一番クリーミー)
②トロっと好みの加減になったら火を止めて、チアシード5〜10gを入れて混ぜ合わせる。
③プロテインパウダーを入れて、粉っぽさが無くなるまで混ぜ合わせる。

プロテインパウダーを入れたら、しっかり混ぜ合わせる

※ここで水分がプロテインに吸われすぎた場合は、ミルクを足してください。

④↓の写真くらいに混ぜ合わさったら、ナッツやシード類、フルーツをトッピングして出来上がりです。

※甘さを加えたい場合
味付きのプロテインを使う場合はすでに甘さは十分だと思います。
が、さらに甘さを加えたい時はメープルシロップや蜂蜜などお好きな甘味料を加えてください。
私が使っているプロテインは一切味が付いていないので、①の時にステビアを加えています。

または①の時に、フォークで潰したバナナを1/2〜1本入れるのもおすすめです。

この日用意したのは、↓のトッピングたち。

ひまわりの種・かぼちゃの種・クコの実・ココナッツフレークを振りかけて

冷凍ベリーミックスとピーナッツバター

最後のピーナッツバターは私的にはマストなトッピングです。

わたし

甘くないゴロゴロのクランチーピーナッツバターはそのまま食べちゃうくらい大好きです。

ピーナッツバターは、大さじ1で約4gのたんぱく質が摂れるのをご存知ですか?
ピーナッツ以外でもアーモンドやカシューナッツなどのナッツバターは、高カロリーなイメージがありますよね。
でも、実はたんぱく質やビタミン、食物繊維などの栄養素がギュッと詰まっています。

プロテインオートミールの作り方②

こっちはすっごく簡単で、仕込むのにかかる時間はザッと5分程度。

①オートミール、プロテイン、チアシード、ミルク、ヨーグルトを混ぜ合わせる。
(甘みを足したい場合はここで入れてもOK)
②ラップ(または密閉容器)をして冷蔵庫に一晩。
③食べる直前に好きなトッピング。

出来上がり(笑)

普通のオーバーナイトオーツと作り方は一緒で、ただプロテインパウダーを加えるだけです。

わたし

わざわざ書くほどでもなかったかも。

※粉っぽさが無くなるまでしっかり混ぜ合わせてくださいね。

こちらの記事もおすすめ▶︎【オーバーナイトオーツの作り方】ピーナッツバターと相性抜群!

スポンサーリンク

プロテインオートミールボウルはダイエットにおすすめ

プロテインオートミールボウルのいいところは、

  • 腹持ちがいい
  • たんぱく質がしっかり摂れる
  • その他の栄養バランスもいい
  • ただただ美味しい(笑)

必要な栄養素がしっかり摂れて、腹持ちもいいプロテインオートミールボウルはダイエット中にぴったりな朝食です。

オートミール自体、血糖値が急上昇しにくく食物繊維も豊富。
鉄分やビタミンB1も豊富で栄養価の高い炭水化物です。

そんなオートミールに、プロテインパウダーでたんぱく質、ナッツで脂質を加えることで、栄養価がさらにUP。
また満腹感が持続してくれ、腹持ちがすっごくいいオートミールレシピになります。

また、お肉や魚をあまり食べない人、ベジタリアン・ヴィーガンな食生活の人に不足しがちなたんぱく質。
これも、このプロテインオートミールボウルだと補うことができます。

(プロテインの種類にもよるけど、1食で大体15g〜20gは摂れるはず。)

わたし

アイハーブにはヴィーガン対応のプロテインも種類豊富です。

▼こちらから植物性プロテインのページへ行けます▼

アイハーブでVeganプロテインをチェック

また、水に溶かしてプロテインを飲むのはどうも苦手という人も、オートミールとミルク、さらに果物やナッツ等と合わせて食べることで、無理なく美味しく摂取することが出来ます。

ヘルシーな朝食にプロテインとオートミールを取り入れよう

無添加で栄養価の高いオートミールと、プロテインパウダーを合わせた海外でも人気のオートミールレシピ。

不足しがちなたんぱく質を手軽に取り入れるヘルシーレシピとしておすすめです。

日本では最近でこそ、知名度も上がってきたオートミール。
ですが、海外ではヴィクトリアシークレットのモデルを始め、美容や健康に心がける人、ダイエット中の人、体を鍛えている人など多くの人に愛食されている食べ物の1つ。

たんぱく質がしっかり摂れるヘルシーな朝食を取り入れたい方は、ぜひ作ってみてくださいね。

5 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.