エルメスの長財布シルクインの使い勝手や魅力!

いま使っているお財布、エルメスのアザップシルクイン。

長財布なのにスリムでコンパクトなところがお気に入りです。

今日はそのシルクインの使い勝手や魅力について紹介します。

スポンサーリンク

エルメス長財布のシルクインは、スリムで使い勝手がいい

以前使っていたルイヴィトンの長財布と比べて、かなりスリムな薄さのエルメス・シルクイン。

なるべく荷物はコンパクトにしたい私にとって、かなり使い勝手がよくて気に入っています。

お色は、ブーゲンビリア。

ピンクと赤の中間のような明るい色味で、きつすぎずい華やかな色でお気に入り。

中のシルクはパープル系のお色味で柄も気に入っています。

アザップ・シルクインの特徴

エルメスらしさを演出してくれるのが、シルクインの魅力。

外側は上質なレザーを使用し、内側はスカーフに使われるシルク生地で作られています。

エルメスならでは華やかな柄が、女性にぴったり。

アザップ・シルクインは、発売年や色により中のスカーフ生地のデザインも異なります。

ひとつひとつ職人の手によって丁寧に作られるため生産量も限られていて、好きな色に出会えるのは難しいことも。

自分のお気に入りの色や柄に出会えたら、即決することをおすすめします。

スポンサーリンク

シルクインは収納力もあって使いやすい

ラウンドファスナーで口も大きく開き使いやすさもばっちり。

カードは12枚、お札も小銭も十分に収納できます。

特に最近はキャッシュレスでの支払いが多くなってきたので、現金の持ち運びは少なめ。

小銭は別で小銭入れに入れているので、お札と数枚のカードのみだとかなりスリムで厚みを抑えらえます。

エルメスのこの形の長財布アザップには、シルクインの他にオールレザーのクラシックと2種類あります。

個人的には、今使っているシルクインの方が好きです。

理由は、クラシックと比べ革の使用部分が少ないため軽い。

そして何より、中身のスカーフ柄の可愛さが堪りません。

エルメス長財布シルクインの悪い点

1つだけ欠点を挙げるとしたら、ファスナー部分。

使い始めは開閉がしづらく、スムーズにファスナーが動かないと感じました。

使っていくうちに馴染んではくるので、気にするほどでもありませんが。

(ファスナー部分だけでいうと、ルイ・ヴィトンのお財布の方が丈夫で動きも滑らかに感じます。)

スポンサーリンク

おわりに

人気商品で入れ替わりも激しいため、自分の好みの色・デザインに出会えたら即決がおすすめなエルメスの長財布シルクイン。

スリムでコンパクトに収まるので、荷物を軽くしたいという人にもおすすめです。

お好みの色と中のデザインに出会えますように!

関連記事:エルメス ガーデンパーティーTPMの使い勝手・収納力。

関連記事:男性ウケ◎褒められるモテ香水3つ

 

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.