エルメスの長財布「シルクイン」は中身がとにかく可愛い。

スポンサーリンク










HERMES/エルメスの「アザップ・シルクイン」はデザイン・使いやすさ、どちらも◎。

すっきりとシンプルな見た目とエルメスのスカーフ生地をあしらった中身のギャップが女性に大人気。

私が愛用しているエルメスのアザップ・シルクイン、ブーゲンビリア色を紹介します。

「アザップ・シルクイン」のブーゲンビリアに一目惚れ

ここ3年、浮気せずに愛用し続けているのがエルメスの長財布アザップ・シルクイン

ブーゲンビリアというピンク系の人気カラーに中はパープル系のスカーフ柄に一目惚れ。

デザインはもちろんのこと、使いやすさも抜群でお気に入りのお財布です。

スポンサーリンク

アザップ・シルクインの魅力は内側のスカーフ生地

エルメスらしさを演出してくれるのが、シルクインの素敵なところ。

外側は上質なレザーを使用し、内側はスカーフに使われるシルク生地になっています。

華やかなでエルメスならではの柄は、華やかで女性にぴったり。

アザップ・シルクインは、発売年や色によってスカーフ生地のデザインが異なります。

またひとつひとつ職人の手によって丁寧に作られるため生産量も限られています。

自分のお気に入りの色や柄に出会えたら即決することがおすすめ。

アザップは使いやすく機能性もバツグン。

 

ラウンドファスナーで口も大きく開き使いやすさもばっちり。

カードは12枚、お札も小銭もたっぷり収納できるので使いやすさも文句なし。

アザップには、シルクインとオールレザーのクラシックと2種類ありますが個人的には前者がお気に入り。

クラシックと比べて、シルクインは軽い。そして何と言ってもスカーフの柄の可愛さが堪らない。

どちらもスリムな長財布なので、バッグの中でもコンパクトに収まります。

スポンサーリンク

気になる箇所はファスナー部分。

1つだけ欠点を挙げるとしたら、ファスナー部分。

使い始めは開閉がしづらく、スムーズにファスナーが動かないと感じました。

使っていくうちに馴染んではくるので、気にするほどでもないですが…

(ファスナー部分だけでいうと、ルイ・ヴィトンのお財布の方が丈夫で動きも滑らかに感じます。)

エルメス人気色「ブーゲンビリア」は華やかなピンク色。

ピンクと赤の中間のような明るい色味のブーゲンビリア。

きつすぎず女性らしい華やかなピンク色でお気に入り。たまたま出会い一目惚れでした。

洋服やバッグで持つ色としては少し派手にも思えるブーゲンビリアも、お財布ならこれくらい明るい色味が好み。

そんな華やかなブーゲンビリアと対照的な色のスカーフ柄もまたお気に入りのところ。

シックなパープル系にピンクと黄色が少々入った柄になっています。

また小銭入れの部分は、濃紺色なので汚れも目立ちにくい。

(私の場合は、別に小銭ケースを持ち歩いてる為一切使ってないけど…)

デザインによっては、明るい色で小銭を入れると黒くなってきます。

エルメスのアザップ・シルクインは女性におすすめ。

エルメスの魅力はやっぱり上質なレザー。

アザップ・シルクインは、レザーの質の良さ・デザイン性・使いやすさ、全てに満足できるお財布です。

毎年、新色や新デザインが出るとついつい気になってしまうシルクイン。

お財布を買い替えようと悩んでいる方はぜひ候補にしてみてはいかがですか?

人気商品で入れ替わりも激しいため、自分の好みの色・デザインに出会えたら是非思い切って購入するのをおすすめします。

 

sponsored link