カルディの低糖質パスタが美味しかった。

厳しい糖質制限はしていないものの、日々の糖質量には気を使っています。

そんな私がカルディで購入した「低糖質パスタ」を食べてみました。

カルディオリジナル商品でなんと糖質50%オフというパスタ。

1食食べても糖質30g以下という素晴らしい商品。

低糖質で美味しいパスタが食べれるなら…と期待が膨らみます。

カルディの低糖質パスタが美味しくてびっくり

カルディの低糖質パスタを購入しました。

乾麺ではなく生パスタタイプです。

公式HPによると、

『糖質オフなのにおいしい。独自の原料配合で通常のパスタと変わらない食感と味わいを実現させました。』

とのこと。

糖質制限向けのパスタ系は今まで色々試しましたが、「こんにゃく感が強すぎ」とか「これはパスタじゃないよね。」ってものが多かったのです。

ですが、カルディの低糖質パスタはかなり満足度の高い仕上がりでした。

スポンサーリンク

カルディ低糖質生スパゲッティのカロリー・原材料

栄養成分 1食110g当たり

  • カロリー:253Kcal
  • たんぱく質:16.1g
  • 脂質:3g
  • 炭水化物56.1g
  • ー糖質25.0g
  • ー食物繊維31.1g
  • 食塩相当量:2.4g

注目するべき点は、食物繊維の量。

1食当たり30g以上の食物繊維がとれる低糖質パスタになっています。

日本人女性に不足しがちな食物繊維がしっかり摂れるのは素晴らしい。

便秘解消にも効果がありそうです。

原材料

小麦粉・小麦たんぱく質・大豆加工品・大豆粉・食塩・乾燥全卵・脱脂粉乳/加工デン粉・プロビレングリコール・酒精・調味料(アミノ酸)・増粘剤(キサタンガム・アルギン酸エステル)・(一部に小麦・卵・乳製品・大豆を含む)

カルディ低糖質生パスタを実食

袋から取りだしてみると、一見普通の生パスタと変わらない感じ。

ただ茹で時間が4〜5分と、一般的なパスタと比べてかなり短いのが特徴です。

今回は、ツナ&トマトのパスタソースを使って食べてみることに。

茹で時間は4〜5分。私は4分でお鍋からあげ、パスタソースと追加でにんにくと鷹の爪を加えて温めたフライパンに投入。

パスタを美味しく作るコツは、ソースを乳化させること。

なので、1〜2分大さじ1杯の茹で汁と一緒にかき混ぜて出来上がり。

スポンサーリンク

思っていたより110gのパスタは量はしっかりあるように感じます。

トマトソースには粉チーズが鉄板。

カルディで売っているデリッチオ パルメザンチーズがお気に入りです。

いざ、実食。

これは、美味しいパスタです。

今まで食べてきた糖質制限向けの麺類の中でも群を抜く美味しさ。

なにより、普通のパスタの味に限りなく近く仕上がっている低糖質パスタ。

もちろん全く一緒というわけではなく、一般的な生パスタにあるモチモチ感はありません。

でも、しっかりパスタを食べている感があるところに感動しました。

これは、糖質制限をしていてパスタを避けている人にはかなり嬉しい味だと思います。

また普通のパスタにはない弾力が感じられ、食べ応えもあり満腹感もしっかり。

ダイエット中・糖質を控えている人には、超オススメの低糖質パスタです。

スポンサーリンク

カルディ低糖質生パスタのまとめ

糖質制限がブームになった今、たくさんのメーカーから糖質オフな商品が販売されています。

私はたくさんの糖質オフの麺類を食べてきましたが、それらの中でも今日紹介したカルディの低糖質生パスタはかなり美味しく、普通のパスタに限りなく近い美味しさでした。

ダイエット中だけどパスタが食べたい人や、糖質を控えている人にはおすすめです。

1食食べても糖質30g以下という優秀な低糖質パスタです。

sponsored link