ブランチップスの食べ方|ダイエット・便秘解消

スポンサーリンク



わたしが小腹が空いた時によく食べるものといえば、豆乳ヨーグルトとブランチップスの組み合わせ。

美味しくて、腹持ちがいいこの組み合わせは、ダイエット中、便秘解消に効果的。

そんなブランチップスおすすめの食べ方を紹介します。

有機ブランチップスの特徴

ダイエット中・便秘解消におすすめな、エルサンク・ジャポン 有機ブランチップス 200g

特徴は、

  • 1食(40g)で1日に必要な食物繊維の70%をサポート。
  • オーガニック食品
  • 砂糖・塩など一切不使用

一般的なシリアルやグラノーラとは全く別物。原材料は有機ふすまのみというヘルシーな食べ物。

小腹が空いた時や、軽めの朝食として食べるのにぴったり。

スポンサーリンク

ブランチップスのカロリー

カロリーは、1食40gあたり126Kcal。

糖質は13.5g、食物繊維が12.5gも含まれています。

ブランチップスの食べ方

全く味がついていないブランチップス。なので、食べ方も自由自在。

ブランチップス+ヨーグルト

1つ目おすすめの食べ方は、ヨーグルトと一緒に。

わたしは、乳製品不使用の豆乳グルトがお気に入り。

酸味が少なくてまろやかな味。

さらに、豆乳グルトは普通のプレーンヨーグルトよりも糖質が低いのも特徴。

これに、適量のブランチップスをかけてお好みで甘みを加えるだけ。

*わたしは、iHerbで買っている Sweet Leaf Sweetener,・生ハチミツ・オリゴ糖のどれかを使用。

これ↓は、小包装が70パックになっていて使いやすくておすすめ。

ブランチップスをヨーグルトと一緒に食べる事で、

  • 食物繊維が補える
  • 腹持ちがいい
  • 食感が出て、食べ応えがアップ

ヨーグルトだけだと摂れない食物繊維も、ブランチップスと一緒に食べる事でしっかり補える。

それが、ダイエット・便秘解消に効果的な理由。

朝食に食べる時は、甘味量の代わりにバナナをトッピングするのもおすすめ。

この写真は、凍らせていたバナナ、ブランチップス、黒すりごまを豆乳グルトにトッピング。

バナナの甘みだけで十分。準備には5分もかからず簡単に美味しくヘルシーな朝食に。

しっかりめに食べたい時にも、おすすめ。

スポンサーリンク

そのまま食べても美味しい

ブランチップスの味は、好き嫌いが分かれるところ。

でもわたしは、香ばしくて噛むほどに広がる小麦の風味がお気に入り。

なので、小腹が減った時にそのままポリポリ食べるのも好き。

塩も砂糖も使っていないけど、小麦本来の香ばしさだけで美味しく感じます。

ただ、一粒が小さくて食べにくいところが難点。外出先での間食には不向き。

口からポロポロと落ちてしまわないように上手に食べる必要があり(笑)

ブランチップス+牛乳または豆乳

ボウルにブランチップスをいれて、牛乳または豆乳やお好みのミルクでシリアルのように。

使うミルクはお好みで。牛乳や豆乳が苦手または体に合わない人には、ライスミルクやナッツミルクがおすすめ。

カルディに売っていたライスミルクは、香ばしくて美味しかったです。

他にもナチュラルローソンで取り扱いのあるナッツミルクシリーズもおすすめ。

ウォールナッツ抹茶ラテのレビュー

甘みがほしい時は、すでに紹介しているSweetLeafやオリゴ糖などを加えるのがおすすめ。

サラダやスープのトッピングに使う

最後におすすめな食べ方は、サラダやスープのトッピングとして。

味がついていない分、どんな料理にも邪魔する事なくトッピングできて食物繊維が補える優秀なブランチップス。

ブランチップスの食感がプラスされて、食べ応えも栄養もアップ。

わたしは、野菜たっぷりのミネストローネに仕上げとしてブランチップスを適量入れるのがお気に入り。

野菜+ブランチップスで食物繊維がしっかり摂れるので、腹持ちもいいし便秘解消にぴったり。

ブランチップスでダイエット・便秘解消

ブランチップスはシリアルやグラノーラと違い、油脂・砂糖・添加物など一切不使用。

それで、食物繊維を摂ることができるのでダイエット中・便秘解消にぴったり。

美味しい食べ方は、ヨーグルトと一緒に食べるのが一番おすすめ。

ぜひ、オーガニックなブランチップスでヘルシーな朝食や間食を取り入れてみてはいかがでしょう。

 

sponsored link