バレットジャーナルをiPadで始めました。

最近購入した第6世代のiPadとApplePencilを使って、バレットジャーナルを始めました。

いわゆるデジタルバレットジャーナルです。

ApplePencilのなめらかな書き心地は、細かい字までしっかりかけるのでノートと変わりなく書き込むことができます。

今日は、iPadを使ったバレットジャーナルについて紹介。

今までのバレットジャーナルでは出来ない、デジタルバレットジャーナルの魅力をお伝えします。

これからバレットジャーナルを始めようと思う方、iPadで挑戦してみたいという方の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

iPadでデジタルバレットジャーナル

海外で人気の手帳術、バレットジャーナルはノートとペンの2つで始めるのが基本。

そんなバレットジャーナルを、ノートからiPadとApplePencilに変えました。

すると、デジタルだから出来るメリットがたくさんあって使い勝手がよくなり便利さもアップ。

まさに、デジタルなバレットジャーナルです。

*バレットジャーナルって何?という方は、まずこちらをどうぞ。

▶︎【バレットジャーナルとは?】海外で人気の新しい手帳術。

スポンサーリンク

iPadでバレットジャーナルを始める方法

まず始めに、iPadとApplePencilを使ってバレットジャーナルをする時に必要なのがメモアプリ。

私のおすすめは、「GoodNotes」というアプリです。

関連記事▶︎バレットジャーナルにおすすめアプリ「GoodNotes」

海外のデジタルバレットジャーナルをしている人もよく使っているアプリで高評価。

シンプルで必要最低限の機能のみなところが、使いやすくてお気に入り。

*ペンの種類や細かい設定があるアプリもあるけど、私はシンプルなGoodNotesが一番だと思います。

*GoodNotesはPDFを読み込むことが出来るのでバレットジャーナル以外に語学学習や書類の校正にも便利です。

スポンサーリンク

iPadでバレットジャーナルがおすすめな理由

超アナログ派だった私でさえ、デジタルバレットジャーナルには魅力がたくさんあると思います。

その理由は、デジタルとアナログ両方のいいところを持ち合わせているから。

ApplePencilは反応がよく書き心地がなめらかなので、アナログと変わらない手書きの文字でバレットジャーナルが作れます

でもノートでは出来ない、何度でも書き直しが可能です。

またバレットジャーナルだけでなく、読書などもすべてiPadでするようにしたおかげで外出時の荷物は減ってカバンが軽く快適になりました。

iPadの魅力については、こちらの記事に詳しく書いています。

Apple Pencil対応のiPad第6世代を買いました。

まとめ バレットジャーナルはiPadで始められる。

手書きの良さを残しつつ、デジタルに記録していくことが出来るのiPadを使ったバレットジャーナル

「手書きで色々と書き込んでいくのが好き!でも、なるべく情報も荷物もコンパクトに済ませたい。」

と思う私には、iPad+ApplePencilを使ったデジタルバレットジャーナルがぴったりでした。

もちろん、たまに紙とペンを持つと「やっぱり紙の書き心地がいいな〜」と思ったりもするけど(笑)

総合的に見ると、iPadを使ったデジタルバレットジャーナルはすごくおすすめです。

これからも、試行錯誤しながらバレットジャーナルを楽しんでいこうと思います。

【バレットジャーナル発案者の公式サイト】

▶︎http://bulletjournal.comz

バレットジャーナルを始める人におすすめ書籍

公式サイトは英語だし、詳しく分かりやすい情報が欲しいという人におすすめの2冊。

どっちも読んでみた私の感想から言うと…

両方読む必要はなく、どちらか1冊で十分にバレットジャーナルの仕組みや使い方が分かると思います。

ページのレイアウトやデザインが知りたいって人には、こっちがおすすめ。

レイアウトの写真がたくさん載っているので、参考になりました。

ぜひ、世界中で人気のバレットジャーナルにトライしてみてくださいね。

sponsored link