無糖ピーナッツバターのカロリー・糖質

自称パンマニアな私がお気に入りのパンのお供といえば、無糖のピーナッツバターです。

ピーナッツバターは一般的に、油と砂糖が加えられているものがほとんど。

でも今日紹介するのはピーナッツのみ100%ピーナッツから作られた無糖ピーナッツバターです。

パンとの相性は抜群、一度食べるとハマってしまう美味しさ。

また、当然だけど無糖・無添加ということで美容・健康、そしてダイエットにもおすすめ。

日本ではまだ手にいれるのが難しい無糖ピーナッツバターは海外から輸入することが多いですが、今回日本メーカーのものを発見。

ということで、購入した無糖ピーナッツバターのカロリーや糖質、食べてみた感想を紹介します。

スポンサーリンク

無糖ピーナッツバターのカロリー・糖質

私が今回購入した無糖ピーナッツバターは、カンピーこと加藤産業株式会社から販売されているもの。

スーパーなどでは中々見かけない無添加のピーナッツバターに、思わず即購入です。

値段は税込345円でした。

(神戸市内の輸入食品店で購入しました。)

原材料を見てみると、ピーナッツのみ。

これこそが、無添加・無糖・無塩の100%ピーナッツからできたピーナッツバターです。

スポンサーリンク

無糖ピーナッツバターのカロリー

カロリーはスプーン1杯あたり126Kcal。

炭水化物は4.0gです。そのうち糖類は1.0g。

塩分はもちろん無塩なので0gです。

スキッピーと無糖ピーナッツバターのカロリーを比較

100gあたり 無糖ピーナッツバター(カンピー) スキッピー
カロリー 630Kcal 約593Kcal
たんぱく質 26g 28g
脂質 48.5g 53g
炭水化物 20g 15.6g

無糖ピーナッツバターの方がカロリーが高く、脂質はスキッピーの方が高くなっています。

無糖ピーナッツバターはパンとの相性抜群

開封してみると、こんな感じ。

室温によっては、写真のように油が分離しています。

ハード系のパンに塗って食べてみると、すごく美味しい!

砂糖が入ったピーナッツバターよりも、ピーナッツの風味がしっかり濃厚です。

甘さがない分、ハード系のパンとの相性は抜群。

スポンサーリンク

無糖ピーナッツバターはお料理にも使える。

パンに塗る以外にも、無糖ピーナッツバターはお料理にも万能なアイテム。

無糖で甘さがないので、ほうれん草と和えたりカレーなどの隠し味に使えます。

アジアンテイストなサラダのドレッシングや、鶏肉のソースなどにもぴったりです。

生春巻きのタレに使うのは個人的にはかなりおすすめ。

また過去記事にも紹介している、セロリとの相性も抜群

ヘルシーなスナックとしてぴったりです。

▶︎セロリにピーナッツバターの組み合わせって。

ピーナッツの栄養

ピーナッツのみからできた無糖ピーナッツバターは、美容・健康にも効果あり。

  • コレステロールを減らす
  • 血管を強くしなやかに保つ
  • 抗酸化作用

「高カロリー」「にきび・吹き出物の原因」と思われがちなピーナッツですが、実は嬉しい効果がたくさんあります。

無糖ピーナッツバターは、そんな嬉しい効果を丸ごと得ることができちゃいます。

NHKのためしてガッテンには、健康にいいピーナッツのおすすめレシピも掲載されていました。

▶︎http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20170111/index.html

無糖ピーナッツバターのまとめ

今回紹介したカンピーの無糖ピーナッツバターは、濃厚で美味しくクリーミータイプなのでパンに塗りやすく便利でした。

他にも海外メーカーの無糖ピーナッツバターも美味しくておすすめです。

一度食べたら癖になる無糖のピーナッツバターは、健康にも効果のあるおすすめ食材。

ぜひ試してみてください。

個人的には、粒の残ったクランチーなタイプも好み。

↓このピーナッツバターは高いけどめちゃめちゃ美味しい。

今回紹介したカンピーの無糖ピーナッツバター。

 

 

 

sponsored link