カルディでヴィーガンクラッカーを買ってみた。

最近よく耳にする「ヴィーガン(ビーガン)」って言葉。

英語ではVeganと表記され、「完全菜食主義者」という意味。

ベジタリアンよりも厳格な食事制限があって、卵、乳製品、はちみつも口にしない食事スタイル。

他の先進国に比べると日本はまだまだベジタリアン・ヴィーガン対応の食品が少ないのが現実。

そんな中、カルディで「ヴィーガンクラッカー」という商品を発見。

私はベジタリアンでもヴィーガンでもありませんが、気になったので食べてみました。

スポンサーリンク

カルディのヴィーガンクラッカー

ブルガリアが原産のzidoという商品。

2種類の展開で、

  • オリーブ
  • トマト&バジル

どちらもワインのおつまみに合いそうな予感。

ヴィーガン対応ということで、動物性食品は一切使われていません。

開けてみるとこんな感じです。一度に食べきれない場合は、密封容器で保存がおすすめ。

茶色っぽい色で、薄いクラッカー。

見た目的にクリスピーな感じと思いきや、サクサクした食感で意外と固くないクラッカー。

トマト&バジルはトマト風味が強め、オリーブは、ワインに合うこと間違いなし、どちらもそれぞれの味がしっかり感じられて美味しいクラッカーです。

余っていたパスタソースをちょこっとのせるて食べみました。

他にも、

  • クリームチーズ
  • パテ
  • スモークサーモン

などのトッピングがおすすめ。

スポンサーリンク

ヴィーガンクラッカーのカロリー

1箱あたりのカロリーは、

  • オリーブ 335Kcal
  • トマト&バジル 326Kcal

クラッカー1枚あたりのカロリーは、約17Kcalです。

ヴィーガンクラッカーの原材料

オリーブ

全粒ヒトツブコムギ粉・とうもろこし粉・植物油・ブラックオリーブ・食塩・乾燥バジル・乾燥ローズマリー・膨張剤・酸味料・酸化防止剤

トマト&バジル

全粒ヒトツブコムギ粉・とうもろこし粉・植物油・赤パプリカパウダー・トマトピューレ・食塩・ガーリックパウダー・ブラックオリーブ・乾燥バジル・オニオンパウダー・膨張剤・酸化防止剤・酸味料

ヴィーガンクラッカーの主原料となっている全粒ヒトツブコムギ粉

初めて聞いた食材なので、ちょっと調べてみました。

ヒトツブコムギ粉とは?

世界中の小麦の祖先で、古代小麦のこと。

一般的な小麦粉よりもグルテン含有量が少ないのが特徴です。

パン好きには辛い1冊、「小麦は食べるな!」で紹介されています。

現代小麦の染色体が42本なのにたいし、ヒトツブコムギは14本。

昔からヨーロッパで食べられている穀物で、今でもヨーロッパ地域の限られた場所では生産されているようです。

一般的に使われている小麦食品よりも、小麦アレルギーを発症しにくく体に優しい小麦粉です。

カルディ「ヴィーガンクラッカー」のまとめ

グルテンが少ないヒトツブコムギ粉が使われていてヴィーガン対応のヘルシーなクラッカー。

スナックやお酒のおつまみとしておすすめです。

一般的なクラッカーよりも、原材料にこだわって出来ているクラッカーなので健康を気遣う人にはぴったり。

ぜひカルディでチェックしてみてください。

sponsored link