1週間で1.5kg痩せるためにやったこと。

友達の結婚式や、気になる人とのデートまで後1週間。

少しでも痩せてキレイに、すっきりとしたい!

そんな時、ありますよね。

そこで、特別なイベント・行事までの短期間で効果を出したい人におすすめ。

緊急ダイエット「1週間で1.5kg痩せる」ための方法を紹介します。

これは私が実際にやってみた方法で、短期間だからといって、厳しい運動や食事制限はなし。

ゆる〜く健康的に1週間で1.5kg痩せるためにしたことを紹介します。

わたし

たった1.5kgでも、見た目はぐんと変わりお腹はペタンコ、足はスッキリも夢じゃない。

 

スポンサーリンク

1週間で1.5kg痩せるための方法とは?

158cmの私が1週間で48kg→46.5kgになりました。

アラサー世代になった今、20代前半に比べると代謝が落ち始める年齢でもあるため痩せづらく感じます。

また標準体重またはそれ以下の体重の人の場合は、そこから1〜2kg落とすのも結構大変。

(※といっても、痩せすぎは絶対 NG!です)

それでも、自分のベスト体重より増えてしまった時や少しスッキリさせたい時、これから紹介することを実行すれば意外と簡単に1週間で体重を減らし見た目の変化を得ることが出来ます。

腹八分目を心がけ満腹にならない(一番重要なこと)

これを1週間守ることが出来れば、1週間で1〜2kg痩せるのは、ほぼ可能。

腹八分目とは、

  1. お腹いっぱいにならない。
  2. 空腹がおさまる程度の食事。

これって、簡単なようで意外と難しい。

わたし

特に食べることが好きな私には辛いし難しい。けど効果はかなりありました。

普段お腹いっぱいまで食べがちな人は、腹八分目を厳守するだけでも体重はストンと落ちるはず。

また腹八分目を意識して食べる量を減らしていけば、お腹周りかなりスッキリしてくれます。

腹八分目を成功させるには?

  1. 常にダイエットを意識。
  2. 普段の食事量を少し減らす意識。
  3. 最後の1口をやめる。
  4. ゆっくりよく噛んで食べる。

これを1週間、徹底的に守ってみてください。

1〜2日目は、ついつい普段の量(お腹いっぱいになる量)を食べてしまいそうになっちゃうけど、そこは自分との闘い。

1週間後の自分を想像し、目標を明確に持って腹八分目に慣れましょう。

私が実際に腹八分目を意識しながらやっていたことは

  • お弁当を小さめにする。
  • お酒の量を減らす。(飲みすぎると食べ過ぎる)
  • 朝食をパンから果物に変える。(自然とカロリーカット)
  • 夜だけ炭水化物を減らす。
  • 夕食のおかずは1/3を翌日のお弁当にスライド。(時短にもなります。)

ちょっとの意識と心がけが大切です。

普段の食事から引き算をするという意識でとりあえず1週間頑張りましょう。

\こちらの記事もおすすめ/

プロテイン入りオートミールで、よりヘルシーな朝食に。
好きなものを我慢せずにダイエットする方法

スポンサーリンク

低脂肪の食事にする

「脂肪=太る」というのは、もう古い時代ですよね。

私も、良質なオイル(ココナッツオイルとかオリーブオイル)は積極的に摂るようにしています。

(※オリーブオイルは質が大事!少々高くてもいいものを買うことをおすすめします。)

ただし、1週間という短期間で痩せたい時は低脂質の食材を選ぶのがおすすめです。

おすすめ低脂質の食材は、

  • ツナ缶(ノンオイル・水煮のもの)
  • 白身魚
  • 豚ヒレ
  • 鶏胸肉

1週間で1.5kgの減量を成功させるためには基本的に自炊を推奨。

ツナ缶や鶏胸肉、豚ヒレなどは低脂質・低カロリー・高たんぱく質。

満足感を得やすくて、ダイエットにおすすめの食材です。

※脂肪を極端に減らすのは短期間のみに。
長期的なダイエットの場合は、脂質も摂るのが大切。

逆に1週間の短期間ダイエット中に避けるべき食材は

  • 脂身のついた肉
  • 揚げ物
  • 加工食品

1週間は徹底的にカットするのが理想的。

特に揚げ物や加工食品のウインナーやベーコンは、美容・健康のためにも普段から食べないようにしています。

スポンサーリンク

むくみを徹底的に排除する

脂肪を減らすことだけじゃなくて、むくみをとるのも大切。

むくみを解消するだけで、体重が減るのはもちろん、見た目もかなり変わります。

特にふくらはぎは、むくみをしっかりとるだけで約1cmは細くなります。

むくみをとるおすすめの方法は、

  • 岩盤浴・サウナ
  • リンパマッサージ
  • 足指のグーチョキパー体操
  • 足上げストレッチ

岩盤浴やサウナに行って、汗をしっかり出すことでむくみが取れて足だけじゃなくて顔など体全体がすっきり。

岩盤浴は、むくみ解消だけじゃなく、肌もツルツルになってリラックス効果もあるので、一石二鳥。

*岩盤浴やサウナでたっぷり汗をかいた後は、しっかり保湿することを忘れずに。

おすすめ記事▶︎ガサガサ肌は卒業!すべすべ肌になる方法

おすすめ記事▶︎むくみに効果的なマッサージオイルおすすめ5選

家で簡単にできるむくみ予防は、マッサージやストレッチ。

入浴後にリンパマッサージをし、寝る前にあおむけの状態で脚を上にあげてブラブラさせるだけでも、むくみが解消されて翌朝のスッキリ度が全然違います。

間食・むくみ予防に水分補給

デトックスと、無駄な食欲を防ぐためにこまめな水分補給が大切。

がぶがぶ一気に飲むのは、かえってむくみを引き起こす可能性も。

喉が乾く前に、ちょこちょこ水分補給をし、1日1.5〜2リットルが理想です。

水以外にもノンカフェイン・ノンカロリーのハーブティーもおすすめ。

おすすめハーブティー▶︎ヨギティーデトックス

また、水分補給は食欲を抑えるのに効果的。

小腹が空いた時は、まず炭酸水を飲むと空腹感が紛れやすいです。

というのも、水分不足の時では脳は「お腹が減ったよ〜」という間違った指令を出してしまいます。

「その空腹感、もしかしたら水分不足のせいかも?」とまずは何か食べる前にコップ1杯の水を飲んでみてください。

意外と、水分を摂ると空腹感を鎮めてくれます。

さらに効果を出すなら、スクワット

1週間で1.5kg痩せるためには食事が一番大切。

でもさらに効果を出したい人は、もう少し頑張ってお家で筋トレもしてみてはどうでしょう?

おすすめなのがスクワット。

今はYouTubeやインスタグラムでたくさんやり方が紹介されているので、自分にあったものを探して1週間続けてみてください。

スクワットは、お尻・ウエストの両方を鍛えることができ、大きい筋肉に効くので代謝アップにもつながります。

わたし

腹筋100回を毎日していた時よりも、スクワット30回を毎日している方が、くびれができてヒップが上がり理想的な体型になりました。

スポンサーリンク

まとめ

  • 腹八分目を厳守。少し食事を減らす意識。
  • 1週間は低脂質な食事メニュー。
  • むくみを徹底的にとる。
  • こまめな水分補給

1週間この4つを徹底的に守ってみてください。

これで私は、なかなか痩せることができなかった「あと1〜2kg」を減らすことができました。

すでに標準体重以下の人にとってなかなか痩せにくい1〜2kgも、腹八分目とちょっとした心がけで簡単に落とすことができます。

ぜひ、大事なイベントや緊急で痩せたいって時にはおすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.