1週間で1.5kg痩せるためにやったこと。

スポンサーリンク










友達の結婚式や、気になる人とのデートまで後1週間。

少しでも痩せてキレイに思われたいって時ありますよね。

そんなイベントや行事までに効果を出したい人におすすめな緊急ダイエット法とは?

短期間だからといって、厳しい運動や食事制限はせずにゆる〜く健康的に1.5kg痩せるためにしたことを紹介します。

たった1.5kgでも見た目はぐんと変わります。お腹はペタンコ、足はスッキリ。

ちょっとしたことに気をつけるだけでも1週間で1〜2kgは痩せることは可能です。

1週間で1.5kg痩せるための方法とは?

158cmの私が1週間で48kg→46.5kgになりました。

アラサー女子になった今、20代前半に比べると代謝が落ち始める年齢でもあるため痩せづらく感じます。

また特別太っているわけではない標準体重もしくはそれ以下なら1〜2kg落とすのも結構大変。

それでも、これから紹介することを実行すれば意外と簡単に1週間で体重を減らすことができちゃいました。

スポンサーリンク

腹八分目を心がけて満腹にならない(一番重要なこと)

これを1週間守ることが出来れば、1週間で1〜2kg痩せることはほぼ可能。

腹八分目とは、

  1. お腹いっぱいにならない。
  2. 空腹がおさまる程度に食事をする。

これって、簡単なようで意外と難しい。とくに食べることが大好きな食欲旺盛な私には慣れるまでは結構辛い。

(いつもお腹いっぱいになるまで食べることが多かった…。)

でも、これさえきっちりと守れば中々落とすことが出来なかった体重ストンと落ちました。

腹八分目をキープする具体的な方法は?

  1. 常にダイエットを意識する。
  2. 普段の食事量を少し減らす。
  3. あと1口食べたい時に自問自答する。
  4. ゆっくりよく噛んで食べる。

これを1週間、徹底的に守ってみてください。

1〜2日目は、ついつい普段の量(お腹いっぱいになる量)を食べてしまいそうになっちゃうけど、そこは自分との闘い。

達成期限や目標を明確に持って意識を常に持ち続けて!

腹八分目のために私が実際にやったこと

まずは食事量を減らす。1日3食すべて減らすのは、ちょっと辛いのでお弁当の容器を小さめにしてみたり。

いつも飲むお酒の量を減らしてみたり。

朝食はパンからフルーツに変えてちょっと軽くしたり、夜は炭水化物だけ抜いたりと少しだけ普段の食事から引き算をするだけで効果あり。

夕飯のおかずでも、いつもなら完食するところを1/3だけ残して翌日のお弁当に入れる。(←これおすすめ)

お弁当の用意も省けて一石二鳥です。

他にも、外食などで取り分けスタイルの食事の場合は「もう1個食べよ〜」っと思った時にまずは自問自答

「本当にこれを食べたい?食べる必要がある?」って問いかけます。

だいたいその時の答えって、「食べたいけど、お腹はもう減っていない」って感じ。

そうするとその1口を食べずにセーブできて、満腹になることを回避。

まさに自分との闘いですが、この食べる時の自問自答は腹八分目をキープするためにかなり効果あり。

最初は辛いし、難しいけど回数を重ねていけば、癖付いて慣れていきます。(人間の適応能力の凄さ!!笑)

低脂肪の食材を選んで食べる

「脂肪で痩せる」というのが最近のダイエットでのブーム。

ココナッツオイルとかMCTオイルとか、流行ってますよね。

実際私も、ココナッツオイルは愛用。食事だけでなくスキンケアにも大活躍してくれています。

ただし、1週間という短期間で痩せたい時は低脂質の食材を選ぶのがおすすめです。

そんな時におすすめな低脂質の食材は、

  • ツナ缶(ノンオイル・水煮のもの)
  • 白身魚
  • 豚ヒレ
  • 鶏胸肉

痩せるための1週間の間は、基本的に毎日自炊。

ツナ缶や鶏胸肉、豚ヒレからたんぱく質を摂っていました。

これらの食材は低脂質で高たんぱく質なので、キレイに脂肪だけを落として痩せたい時にぴったりな食材。

※長期的なダイエットの場合は、脂質も必要不可欠です。

逆に避けるべき食べ物は、

  • 脂身のついた肉
  • 揚げ物
  • 加工食品

これらは1週間の間徹底的にカット。

とくに揚げ物や加工食品のウインナーやベーコンは、美容・健康のためにも避けるべき食品。

ダイエット中でなくても、普段から食べ過ぎないように気をつけています。

スポンサーリンク

むくみをしっかりとる。

脂肪を減らすことだけじゃなくて、むくみをとるのも大切。

体重は同じでも、浮腫んでいるかいないかでは見た目は大違い。

特にふくらはぎは、むくみをしっかりとるだけで約1cmは細くなります。

そのためにも、むくみをとるおすすめの方法は、

  • 岩盤浴・サウナ
  • リンパマッサージ
  • 足指のグーチョキパー体操
  • 足上げストレッチ

岩盤浴やサウナに行って、汗をしっかり出すことでむくみが取れて足だけじゃなくて顔など体全体がすっきり。

岩盤浴は、むくみ解消だけじゃなく、肌もツルツルになってリラックス効果もあるので、一石二鳥。

*岩盤浴やサウナでたっぷり汗をかいた後は、しっかり保湿することを忘れずに。

ココナッツオイルは、すべすべもっちりの肌質になっておすすめ。

家でお金をかけずに簡単にできるむくみ解消は、マッサージやストレッチ。

入浴後にリンパマッサージをし、寝る前にあおむけの状態で脚を上にあげてブラブラさせるだけでも、むくみが解消されて翌朝のスッキリ度が全然違います。

水をたくさん飲む

デトックスと無駄な食欲を防ぐために水分補給は大切。

水を飲みすぎるとむくんでしまうんじゃないかと心配するかもしれないけど、実は逆。

水を飲まないほうが、水分不足にならないように体内に水分を溜め込んでしまいます。

1日のあいだで、こまめに水分補給をしてトータルで2リットルくらいは毎日必ず飲むのを心がけてみてください。

水以外にもノンカフェイン・ノンカロリーのハーブティーもおすすめ。

パリ発の人気ブランドクスミティーはおすすめ。世界中のセレブも愛用しているブランドです。

中でもデトックスシリーズは利尿効果が高まってむくみ解消に効果的です。



また、水分補給は無駄な食欲を防止するためにも必要不可欠。小腹が空いた時には、炭酸水を飲むのもおすすめです。

ちょっとお腹が減ったなという時は水を飲んでみると意外と空腹感を鎮めてくれます。

まとめ

  • お腹いっぱい食べずない・腹八分目を意識
  • 低脂質を中心とした食事メニュー
  • むくみをとる
  • 1日2リットルの水分補給

1週間、この4つのことを徹底的に守るだけで、なかなか痩せることができなかった「あと1〜2kg」を減らすことができました。

すでに標準体重以下の人にとってなかなか痩せにくい1〜2kgも、腹八分目とちょっとした心がけで簡単に落とすことができます。

ぜひ、大事なイベントや緊急で痩せたいけど、しんどい運動やダイエット食は無理という方は試してみてください。

見た目を引き締めるために、スクワットもおすすめ。

食事が一番大切だけど、ちょっとしたワークアウトもダイエットに効果的。

有酸素運動やジム通いが苦手な私が唯一続けているのが毎日のスクワット。

1日最低30回は徹底して、他にも気が向いた時にちょこっと筋トレをしています。

それだけでも、効果はちゃんと出てきます。何もしないより少しでも何かする方が確実に見た目は変わってきます。

とくにスクワットは、お尻・ウエストの両方を鍛えることができておすすめ。

腹筋100回を毎日していた時よりも、スクワット30回を毎日している方が、くびれができてヒップが上がり理想的な体型になりました。

スクワットも合わせて試してみてくださいね。

 

sponsored link