おかずだけダイエットで痩せるは本当?おすすめのやり方

「あ〜食べ過ぎちゃった」という翌日にいつも私がやってる「おかずだけダイエット」を紹介します。

こは、短期間向けのダイエット方法。
目的はあくまでも『食べ過ぎた時の調整』です。

なので、長くても数日。

ずっと長期間続ける(いわゆる糖質制限)のは個人的にはおすすめしないので、ご注意ください。

「お米=太る」は間違いです、炭水化物を食べる事を怖がらないで。

『一時的な食べ過ぎや体重増加ではなく、確実に体重を落としていきたい!』
という場合は、主食もしっかり食べバランスの良い食事と適度な運動、腹八分目を意識することが一番です。

▼健康的に痩せたい人は糖質もしっかり食べましょう▼
お米を食べるダイエット「10日間で人生が変わる食べ方」
オートミールと米を比較!ダイエットにいいのはどっち?
糖質制限ダイエットが引き起こす危険とリスク

「昨日はついつい〆のラーメン食べちゃった。」
「飲み会が続いて暴飲暴食気味」

こんな時は後悔して自己嫌悪になるのではなく、すぐに調整。
結果の出やすいおかずだけダイエットをおすすめします。

スポンサーリンク

おかずだけダイエットで痩せるは本当?嘘?

答えは、本当であり嘘でもあります。(なんだそれ・・)

というのも、すでに書いた通り1日や2日の食べすぎには効果的。
そうではなく、ベースの基本体重を減らしたい時には不向きです。

(繰り返しになりますが)
これから紹介するおかずだけダイエットは、
・目標体重までは5kg以上ある
・数日で体重が増えたのではなく、そもそも太り気味で痩せたい
という人向けではありません。

では早速本題へ〜。

食べ過ぎてお腹が張っている人は、こんにゃくデトックスもおすすめ。
▶︎【こんにゃくデトックス】便秘解消でお腹スッキリ

スポンサーリンク

おかずだけダイエットで痩せるポイント

1日のうち、夕食だけ主食、いわゆる炭水化物を完全にカットする。
これが私流のおかずだけダイエットのやり方です。

朝・昼はいつも通りに食べて、夜は肉・魚+野菜の食事メニューにします。
おかずだけダイエットを実践する日の夕食は、米・パン・麺類などの主食をはじめ、ジャガイモやさつまいもなどの芋類も避けていきます。

そうすることで数日の食べ過ぎで増えた体重くらいは、ストンと減りました。
でもこの食事を続けるのは目安としては2〜3日。
長くても1週間までにしています。

それ以上続けてしまうと、栄養バランスも偏ります。
炭水化物を摂らない食生活が習慣化してしまうと、次に炭水化物を食べた時にむくみやすくなったりすることも。
(私は糖質制限ダイエット中は、時々ごはんやパスタを食べるとドーンと身体がむくみました。)

 

おかずだけダイエット中のお酒はNG?

ダイエット中のアルコールは飲まないに越したことはありません。
アルコールは満腹中枢を狂わせたり、血糖値の乱れに繋がります。
結果的に、いつも以上に食べ過ぎてしまいがち。

(酔っ払ってお腹がいっぱいなはずなのに、〆のラーメンをしてしまうのが良い例です。)

でも我慢しすぎてストレスが溜まりすぎるのもよくないので、飲みたかったら適量を意識していつもより控えめに飲むのがいいと思います。

スポンサーリンク

おかずだけダイエット中の外食は?

おかずだけダイエット中の外食は、居酒屋や焼き鳥、ファミレスならサイゼリヤがおすすめです。
居酒屋は一品メニューが豊富で、肉や魚などしっかりたんぱく質を摂ることができます。
またサイゼリヤもすごくおすすめ。
ビックサイズのサラダや、チキンステーキなど一品料理が安くて美味しいです。

こちらの記事も参考に▶︎ サイゼリヤで糖質制限ダイエット!おすすめメニューとカロリー

居酒屋でのおすすめメニューは、

  • 枝豆
  • 冷奴
  • 焼き魚
  • お刺身

焼き鳥は、タレではなく塩を選ぶことで、糖質もカロリーも抑えることができます。
揚げ物やフライドポテトは、高カロリーなので避けるのがベターです。

おかずだけダイエットの実践記録

参考程度に、私が実践したおかずだけダイエットの食事内容を紹介します。

おかずだけダイエットといっても、朝と昼はバランス良く食べます。
なので、目玉焼き・パン・サラダ。
この日はサンドウィッチですが、普段よく食べるのはライ麦パンや全粒粉100%のもの。
ずっしりしていて砂糖や油を使っていない種類のパンが好みです。
関連記事▶︎ライ麦パンが白パンよりダイエット・健康にいい理由

メステマッハー というドイツのライ麦パンもおすすめです。
腹持ちがよく、ミネラル・食物繊維なども豊富です。
チーズやツナ・卵などたんぱく質と一緒に食べれば、栄養価も上がり健康的な朝食としてぴったりです。

ご飯よりパン派のため、お昼もパン。
野菜・豆・ソーセージたっぷりのスープと、全粒粉パンにアボカドを。

見た目以上にボリューム満点でお腹がふくれます。

お家にいる時は、なるべく健康のことを考えて野菜をしっかり摂ることを意識しています。
アボカドは、ダイエットにも美容にも嬉しい効果がたくさんで積極的に食べている食材の1つです。

▼こちらの記事もおすすめです▼
アボカドとパンの美味しい食べ方
アボカドとゆで卵でダイエット朝食
ライ麦パンが白パンよりダイエット・健康にいい理由

夕食は、もちろんおかずのみ。
ラム肉200gとサラダのワンプレートにしました。

(普段、ごはんやパンを食べる時はお肉は100gくらいです。)

別の日はちょこちょこ小皿に盛ってお酒と一緒に食べました。
見ての通り、米・パン・麺類などは一切なし。
たんぱく質+野菜のみ、これがおかずだけダイエット中の夕食です。

私の場合おかずだけダイエット1週間の間、お酒はほぼ毎日。(←決して良い例ではありません。)
1週間のうち2日は外食で焼肉と焼き鳥を。
(〆は食べていません。)

運動は全くせず、1日の歩数も平均5000歩ほどです。

おかずだけダイエット1週間の効果

私が実際におかずだけダイエットをしてみた結果は以下のとおり。

  • 47kg→45.5kg(マイナス1.5kg)

痩せたというよりかは、食べ過ぎが続いて増えた体重が元に戻ったという感じ。

※脂肪が丸々1.5kg減ったわけでありません。
おそらく、大半は食べ過ぎによる浮腫み。
それでも見た目はすっきり、体も軽くなりました。

実際にやってみた感想は、お肉や魚などおかずはしっかり食べられるので、辛さはありません。

(朝・昼はいつも通りなのでパンやご飯も一切食べれないというわけではないし。)

1週間という短期間で、食べ過ぎて増えた体重をリセットすることもできたので良かったです。

おかずだけダイエットはこんな時におすすめ

  • 厳しい食事制限はしたくない
  • ダイエット中でもお酒が飲みたい
  • 少し増えた体重を戻したい

このような悩みを解決するための短期間として行うダイエットとしておすすめです。
そのため、短期間で増えた体重ではなく、そもそもの体重を減らしたいという人には不向きです。
最近ちょっと太ったな、暴飲暴食が続いたな、という時はぜひ試してみてくださいね。