おかずだけダイエットのやり方と効果

食べ過ぎたと思ったらすぐに調節すること

理想体重をキープするために大切な事の1つです。

私たちの体は、1〜2日食べ過ぎただけですぐに太ることはありません。

「昨日はついつい〆のラーメン食べちゃった。」
「飲み会が続いて暴飲暴食気味」

こんな時は後悔して自己嫌悪になるのではなく、パパッとすぐに調節してあげましょう。

そんな時におすすめなのが、結果の出やすいおかずだけダイエット

これはあくまでも調整するためのダイエットなので、ベースの体重を減らす目的ではおすすめできません。

でも「少し体が重たいな」と感じた時は、その日だけもしくは数日だけおかずだけダイエットをすることで1〜2kgの増量はストンと戻すのに効果的です。

スポンサーリンク

おかずだけダイエットのやり方

1日のうち、夕食だけ主食、いわゆる炭水化物を完全にカットする。
これがおかずだけダイエットのやり方です。

朝・昼はいつも通りに食べて、夜は肉・魚+野菜の食事メニューにします。
おかずだけダイエットを実践する日の夕食は、米・パン・麺類などの主食をはじめ、ジャガイモやさつまいもなどの芋類も避けていきます。

[say img=”https://around30-info.com/wp-content/uploads/2020/03/名称未設定のデザイン-2.png” name=”わたし”]マカロニサラダやポテトサラダはおかずだけど避けた方がベター。[/say]

もちろん、食後のデザートも封印。

間食で甘いものをよく食べるという人は、この時は控える方がすぐに効果が出ます。

このおかずだけダイエットは、あくまでも短期集中型。
長期間行うのはおすすめできません。

この記事も読んでみてね▶︎「お米=太る」は間違いです、炭水化物を食べる事を怖がらないで。
この記事も読んでみてね▶︎糖質制限ダイエットが引き起こす危険とリスク

炭水化物は減らすけど、その他のたんぱく質・ミネラル・ビタミンなどはしっかり摂るように心がけましょう。

そうすることで、ただカロリーを減らすのではなく、必要な栄養素は摂りながら連日摂りすぎたカロリー分を調整していきます。

[say img=”https://around30-info.com/wp-content/uploads/2020/03/名称未設定のデザイン-2.png” name=”わたし”]旅行や外食続きで増えた1.5kg程度は1週間で戻りました。[/say]

食べ過ぎてお腹が張っている人は、こんにゃくデトックスもおすすめ。
▶︎【こんにゃくデトックス】便秘解消でお腹スッキリ

スポンサーリンク

おかずだけダイエットを成功させるには

  • 日数を決め、その期間は徹底する。
  • 炭水化物以外の、たんぱく質やミネラル・ビタミンはしっかり摂る。
  • 朝・昼はバランスのとれた食事を心がける。

この3つがおかずだけダイエットで痩せるための秘訣です。

逆に言えば、これを守れば数日の食べ過ぎは簡単に帳消しすることができました。

おかずだけダイエットを行う日数は長くても1週間くらいを目安に。

それ以上続けて炭水化物を摂らないのが習慣化してしまうと、次に炭水化物を食べた時にむくみやすくなったりする恐れがあります。

炭水化物は減らすけど、たんぱく質や脂質は普段通りに摂りましょう。

おかずだけダイエット中のお酒について

もちろんお酒は一切飲まない方が痩せるのには効果的です。

というのもアルコールを飲むと、食欲が増える可能性が高まります。

結果的に食べ過ぎてしまい、おかずだけダイエットの効果もゼロになることも。
(食べ過ぎ自体、健康にもよくありませんが・・・)

でも、「やっぱりお酒が飲みたい!」という人は、糖質の低いハイボールや焼酎、ワインを適量だけ。

ビールや日本酒、カクテルなどは糖質が高く避けた方が効果が出やすいと感じました。

スポンサーリンク

おかずだけダイエット中の外食は?

ダイエット中の悩みの1つが外食です。

おかずだけダイエットの場合、定食屋さんなどは不向き。

そこでおすすめなのがランチならファミレス、夜なら居酒屋や焼き鳥です。

ファミレスなら単品メニューが豊富で、自分の好きなように組み合わせ可能。

居酒屋も、枝豆や冷奴・焼き魚などたんぱく質豊富な食べ物が揃っています。

焼き鳥はタレではなく塩を選ぶことで、糖質もカロリーも抑えることができます。

ここで注意したいのが、居酒屋でついつい揚げ物や炭水化物を頼んでしまわないこと。

とくにフライドポテトや〆のご飯ものはおかずだけダイエットには向いていません。

スポンサーリンク

おかずだけダイエットの実践記録

参考程度に、私が実践したおかずだけダイエットの食事内容を紹介しますね。

朝食

目玉焼き・パン・サラダ。
基本的に朝食はパンが多い私。

この日はサンドウィッチですが、普段よく食べるのはライ麦パンや全粒粉100%といったずっしりしていて砂糖や油を使っていない種類のパン。

ダイエット中なら、メステマッハー というドイツのライ麦パンはおすすめです。
腹持ちがよく、ミネラル・食物繊維なども豊富です。
チーズやツナ・卵などたんぱく質と一緒に食べれば、栄養価も上がり健康的な朝食としてぴったりです。

昼食

ご飯よりパン派のため、お昼もパン。
野菜・豆・ソーセージたっぷりのスープと、全粒粉パンにアボカドを。

見た目以上にボリューム満点でお腹がふくれます。

お家にいる時は、なるべく健康のことを考えて野菜をしっかり摂ることを意識しています。
アボカドは、ダイエットにも美容にも嬉しい効果がたくさんで積極的に食べている食材の1つです。

▼こちらの記事もおすすめです▼
アボカドとパンの美味しい食べ方
アボカドとゆで卵でダイエット朝食
ライ麦パンが白パンよりダイエット・健康にいい理由

夕食(これが一番大切。)

がっつりラム肉200gとサラダのワンプレート。

別の日はちょこちょこ小皿に盛ってお酒と一緒に食べたりもします。
見ての通り、米・パン・麺類などは一切なし。
たんぱく質+野菜のみ、これがおかずだけダイエット中の夕食です。

これに、ワイン2〜3杯が定番です。

※ダイエット効果をあげるためには、揚げ物は食べない方が効果的です。

おかずだけダイエット1週間の間、お酒は毎日飲んでいました。
1週間のうち2日は外食で焼肉と焼き鳥を。
(お肉中心に食べて、米類は食べていません。)

運動は全くせず、1日平均5000歩のみでした。

おかずだけダイエット1週間の結果

食べ飲み過ぎが続いて体が重たかったので、実際におかずだけダイエットを1週間やってみました。

結果は47kg→45.5kgと1.5kgの減量に成功しました。

(元の体重に戻った感じです。)

わたしの場合は、好きなお酒も適量範囲で飲めるのでストレスなし。
おかずはしっかり食べられるので、そこまでつらくありません。
(朝・昼はいつも通りなのでパンやご飯も一切食べれないというわけではない。)

1週間という短期間でも、食べ過ぎた分をしっかりリセットすることができました。

1〜2日食べ過ぎたからといって焦るのは禁物。

1週間くらいの範囲内で、しっかり食事を整えつつカロリーを調整することで、短期間で増えた体重はすぐに帳消しできちゃいます。

おかずだけダイエットはこんな人におすすめ

  • 厳しい食事制限はしたくない
  • ダイエット中でもお酒が飲みたい
  • 少し増えた体重を戻したい

こんな人におかずだけダイエットがおすすめです。

短期間で増えた体重ではなく、そもそもの体重を減らしたいという人には不向きです。

(単なる減量ならば、食事内容を見直して整えていくことが大切。)

最近ちょっと太ったなと思う人や、少し体を引き締めたいという人はぜひ参考にしてみてくださいね。